伊藤くん A to E

126分
 

予告編・フォトギャラリー

ご使用のブラウザはHTML5に対応していません。

解説

「ランチのアッコちゃん」など数々のヒット作を生み出す柚木麻子が2013年に発表し、直木賞候補作となった同名恋愛小説を、岡田将生&木村文乃主演、廣木隆一監督のメガホンにより映画化。かつては売れっ子だったが、今では過去の栄光でなんとかプライドを保っているアラサー脚本家・矢崎莉桜。腹黒くしたたかな彼女は、他人の恋の悩みをネタにドラマの脚本を作ることを思いつき、彼女の講演会に参加したA~Dの4人の女性への取材を開始する。彼女たちを振り回す男は容姿端麗、自意識過剰、幼稚で無神経という共通点があった。さらに彼女たちが頭を悩ませる男はいずれも「伊藤」という名前だった。そして、その「伊藤」とは、莉桜が講師を務めるシナリオスクールの生徒・伊藤誠二郎であることが発覚。やがて莉桜自身も「5番目の女=E」として伊藤に振り回されていく。5人の女性を振り回す伊藤役を岡田が、伊藤に振り回される莉桜役を木村がそれぞれ演じる。

キャスト

キャストの続きを見る

スタッフ

監督

原作

脚本

スタッフの続きを見る

製作

プロデュース

チーフプロデューサー

プロデューサー

撮影

照明

録音

美術

装飾

衣装

ヘアメイク

編集

音楽

主題歌

視覚効果

記録

監督補

制作担当

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 ショウゲート
上映時間 126分
映倫区分 G
オフィシャルサイト

映画レビュー

レビューする

登場人物の誰にも感情移入できない

岡田将生くん、木村文乃さんが好きで観ました。 岡田将生くん、クズ男を好演していましたが、なんというか何もスッキリしない感じで、腹が立ってしまいます(^_^;)構成が嫌いじゃないのと、伊藤くんと木...

ミキスマイルさん

豪華女優陣A to E

よくこの原作を映画化にしたなぁ。 登場人物が魅力的ではなく、痛いキャラクターがたくさんでてくるのがこの映画の特徴。 その痛い個性的なキャラクターa~eを豪華女優人が見事に演じきっているのが見所です。

光陽さん

よくわからなかった

展開が早々進んでいくわりに説明がないので、終始観ていてよくわからなくなったし、眠くなった。親の前では見ると気まづくなる内容かなと思う。

もももさん

DVD・ブルーレイ情報

関連ニュース