伊藤くん A to E

126分
 

予告編・フォトギャラリー

ご使用のブラウザはHTML5に対応していません。

解説

「ランチのアッコちゃん」など数々のヒット作を生み出す柚木麻子が2013年に発表し、直木賞候補作となった同名恋愛小説を、岡田将生&木村文乃主演、廣木隆一監督のメガホンにより映画化。かつては売れっ子だったが、今では過去の栄光でなんとかプライドを保っているアラサー脚本家・矢崎莉桜。腹黒くしたたかな彼女は、他人の恋の悩みをネタにドラマの脚本を作ることを思いつき、彼女の講演会に参加したA~Dの4人の女性への取材を開始する。彼女たちを振り回す男は容姿端麗、自意識過剰、幼稚で無神経という共通点があった。さらに彼女たちが頭を悩ませる男はいずれも「伊藤」という名前だった。そして、その「伊藤」とは、莉桜が講師を務めるシナリオスクールの生徒・伊藤誠二郎であることが発覚。やがて莉桜自身も「5番目の女=E」として伊藤に振り回されていく。5人の女性を振り回す伊藤役を岡田が、伊藤に振り回される莉桜役を木村がそれぞれ演じる。

キャスト

キャストの続きを見る

スタッフ

監督

原作

脚本

スタッフの続きを見る

製作

プロデュース

チーフプロデューサー

プロデューサー

撮影

照明

録音

美術

装飾

衣装

ヘアメイク

編集

音楽

主題歌

視覚効果

記録

監督補

制作担当

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 ショウゲート
上映時間 126分
映倫区分 G
オフィシャルサイト

映画レビュー

レビューする

ドラマの方が面白かった

配信でドラマをみて、面白かったので映画もと思ったがAからDの女性の描写が薄くなってしまって、構成自体が連ドラ向きだなと思った。 自分自身、脚本家スクールに通っていたので、主人公Eの作家の苦悩が少...

arayanさん

伊藤くんが見え隠れするくらいが丁度いい

いかれた男と男運が無い女性達の物語。 ドラマ版が1人の女性に付き2話完結で池田エライザが気になり出したのもこの頃。 ドラマの淡々とした物語展開が好きだっただけにドラマも4人目のDさんまでで終わり...

巫女雷男さん

伊藤のクズっぷりが清々しい

岡田将生演じる、伊藤のクズっぷりが最初から最後まで素晴らしい。 普通物語の主人公はストーリーを通じて成長していくものだと思うが彼は誰に何を言われても変わらない。 最後、莉桜と言い合うシーンで何...

だーやま。さん

DVD・ブルーレイ情報

関連ニュース