「ファインディング・ドリー」人気者のウミガメ、クラッシュの再登場シーンを収めた本編映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月23日 > 「ファインディング・ドリー」人気者のウミガメ、クラッシュの再登場シーンを収めた本編映像公開
メニュー

「ファインディング・ドリー」人気者のウミガメ、クラッシュの再登場シーンを収めた本編映像公開

2016年6月23日 18:00

アオウミガメのクラッシュが再登場!「ファインディング・ドリー」

アオウミガメのクラッシュが再登場!
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ディズニー/ピクサーの最新長編アニメーション「ファインディング・ドリー」で、ウミガメのクラッシュが登場するシーンの本編映像が公開された。

同作は、日本でも興行収入110億円の大ヒットを記録した「ファインディング・ニモ」の13年ぶりとなる続編。前作でマーリン&ニモ親子を助け、親友となったナンヨウハギのドリーを主人公に、ドリーが離ればなれになったままになっていた両親と再会するために繰り広げる冒険を描き、ドリー、マーリン、ニモはもちろん、前作でおなじみのアオウミガメのクラッシュも、出演場面は限られているが再登場を果たしている。

クラッシュといえば、東京ディズニーシーに会話を楽しむことができるシアター型アトラクション「タートル・トーク」が設けられていることでも知られる、人気キャラクターだ。公開された映像は、新たな冒険に旅立つことになったドリーとマーリン&ニモを、海流に乗って目的地の「カリフォルニア州モロ・ベイの宝」まで連れて行くという重要な場面。激しい海流に酔い気味のマーリンに構うことなく、クラッシュが「最高だろぉ~!」とおなじみのセリフを口にする。

さらに、酔って吐きそうなマーリンに、クラッシュが「兄ちゃん、吐くんだったら甲羅の後ろまで行って体乗り出して、遠くに飛ばしてくれよなぁ~」とアドバイス。クラッシュの息子スクワートが「それ、魚のえさやりって呼んでるんだ」と教えるなど、コミカルなやりとりも繰り広げられる。そこへドリーやニモも会話に加わり、賑やかで、これから始まる冒険に胸が高鳴る様子が伝わる場面になっている。

独特のユーモアと豪快な性格で人気のクラッシュの日本語吹き替えは、「24 TWENTY FOUR」のジャック・バウアーの吹き替えや、「名探偵コナン」の毛利小五郎役などでも知られるベテラン声優の小山力也が担当。前作に続きクラッシュの吹き替えを担当することになった小山は、「イエ~~イ、今回も最高~、サイコ~~! みんな、波乗り気分で見てくれよなあ~っ! ドキドキわくわく、いっぱいだぜ~っ!」とクラッシュ調でコメントを寄せている。

ファインディング・ドリー」は全米で6月17日に公開され、アニメーション映画史上最高となる約1億3620万ドルのオープニング記録を樹立。日本では7月16日から公開される。

ファインディング・ニモ MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] ファインディング・ニモ MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,127 舞台はオーストラリアの大海原、グレート・バリアリーフ。度胸があることを証明しようと外に出てしまったため、人間にさらわれてしまった息子ニモ。彼を救い出すために父が仲間と共に旅をする様を描いた感動作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi