全米映画ランキング : 2017年11月17日~2017年11月19日

ホーム > 映画ランキング > 全米映画ランキング : 2017年11月17日~2017年11月19日
メニュー

全米映画ランキング

2017年11月21日更新 藤井竜太朗

全米映画ランキング:2017年11月21日発表(毎週月曜日更新)

全米週末興行成績:2017年11月17日~2017年11月19日
(金額・順位は確定後のもの)Rentrak Box Office Essentials

順位 先週 タイトル/邦題 配給
(日本配給)
上映週 週末の興収
(単位:$)
累計興収
(単位:$)
第1位 ジャスティス・リーグ Justice League
「ジャスティス・リーグ」
Warner Bros.
(ワーナー・ブラザース映画)
1 96,000,000 96,000,000
第2位 Wonder Wonder Lionsgate 1 27,050,000 27,050,000
第3位 1 マイティ・ソー バトルロイヤル Thor: Ragnarok
「マイティ・ソー バトルロイヤル」
Walt Disney
(ディズニー)
3 21,786,000 247,382,170
4 2 Daddy's Home 2 Daddy's Home 2 Paramount 2 14,800,000 50,576,447
5 3 オリエント急行殺人事件 Murder on the Orient Express
「オリエント急行殺人事件」
20th Century Fox
(20世紀フォックス映画)
2 13,800,000 51,728,362
6 The Star The Star Sony Pictures/Columbia 1 10,000,000 10,000,000
7 4 A Bad Moms Christmas A Bad Moms Christmas STX Entertainment 3 6,890,000 50,912,155
8 10 レディ・バード(原題) Lady Bird
「レディ・バード(原題)」
A24
(東宝東和)
3 2,529,915 4,702,390
9 27 スリー・ビルボード Three Billboards Outside Ebbing, Missouri
「スリー・ビルボード」
20th Century Fox
(20世紀フォックス映画)
2 1,115,000 1,549,225
10 5 ジグソウ ソウ・レガシー Jigsaw
「ジグソウ ソウ・レガシー」
Lionsgate
(アスミック・エース)
4 1,070,000 36,450,233

■「ジャスティス・リーグ」がV J・トレンブレイ主演「Wonder」が2位に

先週末の全米ボックスオフィスは、今年のサンクスギビングの本命「ジャスティス・リーグ」が公開され、約9600万ドルのオープニング興収で首位デビューを果たした。

同作は、バットマン、ワンダーウーマン、フラッシュ、アクアマン、サイボーグらDCコミックスのスーパーヒーローが集結し、巨悪ステッペンウルフに立ち向かう姿を描いたアクション・アドベンチャー。「DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)」シリーズとしては、「マン・オブ・スティール」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「スーサイド・スクワッド」「ワンダーウーマン」につづく第5作となる。出演はベン・アフレック、ガル・ガドット、エズラ・ミラー、ジェイソン・モモア、レイ・フィッシャー、ジェレミー・アイアンズ、J・K・シモンズ、エイミー・アダムス、ダイアン・レイン。

約2700万ドルのOP興収で2位デビューとなったのは、R・J・パラシオ著のベストセラー「ワンダー Wonder」(ほるぷ出版刊)を「ルーム」で一躍人気者となったジェイコブ・トレンブレイ主演で映画化した「Wonder」。生まれつき顔に障害のある少年オーガストと両親の葛藤と成長を描いたドラマ。レビューは上々で、予想を上回る好成績となった。共演は母親にジュリア・ロバーツ、父親にオーウェン・ウィルソン。監督は「ウォールフラワー」のスティーブン・チョボスキー。

3位は、前週まで2週連続首位だった「マイティ・ソー バトルロイヤル」。17日間の累計は約2億4700万ドルに。4位は前週2位デビューのコメディ「Daddy's Home 2」で累計は約5100万ドル。

OP興収約980万ドルで6位デビューとなったのは、キリストの生誕を動物たちの視点でユーモラスに描いたソニー・ピクチャーズ・アニメーションの新作「The Star」。声の出演にオプラ・ウィンフリー、マライア・キャリー、ケリー・クラークソン、タイラー・ペリー、クリストファー・プラマー、ビング・レイムス、トレイシー・モーガン、クリス・クリストファーソンら豪華スターを揃えたが、OP興収1000万ドルを下回る苦しいスタートとなった。

8位には前週10位のグレタ・ガーウィグ監督作「Lady Bird」が入り、9位には「Lady Bird」と同じく今年のオスカーノミネート確実と言われているマーティン・マクドナー監督(「ヒットマンズ・レクイエム」「セブン・サイコパス」)の新作ドラマ「スリー・ビルボード」が拡大公開によりランクイン。米ミズーリ州の田舎町を舞台に、娘を殺された母親が犯人を逮捕できない警察への抗議として3つの巨大看板を設置したことから起こる騒動を描いた重喜劇。主演は「ファーゴ」に続き2度目のアカデミー賞主演女優賞受賞が噂されるフランシス・マクドーマンド。共演にウディ・ハレルソン、サム・ロックウェル、ジョン・ホークス、アビー・コーニッシュ、ルーカス・ヘッジズ、ピーター・ディンクレイジ。

サンクスギビングを迎える今週は、デンゼル・ワシントン、コリン・ファレル共演の犯罪ドラマ「Roman J Israel, Esq.」(ダン・ギルロイ監督)が拡大公開されるほか、ディズニー/ピクサーの最新作「リメンバー・ミー」が公開となる。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi