「それでもボクはやってない」が米アカデミー賞日本代表に! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年9月18日 > 「それでもボクはやってない」が米アカデミー賞日本代表に!
メニュー

「それでもボクはやってない」が米アカデミー賞日本代表に!

2007年9月18日 12:00

アカデミー外国語映画賞ノミネート成るか?「それでもボクはやってない」

アカデミー外国語映画賞ノミネート成るか?
(C)2006-2007 フジテレビジョン
アルタミラピクチャーズ 東宝
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 9月14日、第80回米アカデミー賞外国語映画部門へエントリーされる作品選考会が行われ、全24作品の中から、周防正行監督の「それでもボクはやってない」(アルタミラピクチャーズ)が日本代表作品に決定した。同賞のエントリー作品は例年、日本映画製作者連盟によって1作品だけ選ばれる。アカデミー外国語映画賞ノミネートの5作品は、08年1月23日に決定。アカデミー賞授賞式は2月24日に行われる。

同作は、周防監督の11年ぶりの作品。加瀬亮を主演に、“痴漢冤罪(えんざい)事件”を扱って日本の刑事裁判制度をえぐった社会派映画。今年1月より公開され、興収11億円を記録。8月にDVDがリリースされている。

周防監督にとっても同部門へのエントリーは初のこと。前作「Shall we ダンス?」はのちにハリウッドでリメイクされたが、97年の日本代表には山田洋次監督の「学校II」が選ばれ、エントリーを逃している。

過去5年の日本代表作品は、「フラガール」(李相日監督)、「血と骨」(崔洋一監督)、「誰も知らない」(是枝裕一監督)、「たそがれ清兵衛」(山田洋次監督)、「OUT」(平山秀幸監督)。ノミネートされれば、04年の「たそがれ清兵衛」以来となる。

51年の「羅生門」(黒澤明監督)、54年の「地獄門」(衣笠貞之助監督)、「宮本武蔵(第一部)」(稲垣浩監督)がアカデミー名誉賞を受賞しているが、アカデミー外国語映画賞設立以前の話。75年に黒澤明監督が「デルス・ウザーラ」で受賞しているが、これはソ連映画としてだった。過去に日本映画のエントリー作品は「砂の女」(勅使河原宏監督)「影武者」(黒澤明監督)など11度ノミネートされたが、外国語映画賞受賞歴は一度もない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi