サバイバルファミリーのレビュー・感想・評価 (4)

サバイバルファミリー

劇場公開日 2017年2月11日
151件中、61~80件目を表示 映画レビューを書く

一般知識の低い映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

停電でバッテリーがすべて使えない!有り得ないしあっても停電と思うわけがない!バッテリー上がりのタクシー運転手がプラグ掃除するわけがない!停電してて飛行機飛がぶわけがない!そんな中、婆さんの葬式どうしたら人が集まるの?棺桶!どうやって?突っ込みどころ満載で映画に集中出来ない
藤原紀香イラッとする

シゲゾ〜
シゲゾ〜さん / 2017年2月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

新手のホームドラマだ

タイトルどおり、ある平凡な一家のサバイバル物語。
SFパニックではないので、大停電(電力だけではないあらゆるエネルギー源が麻痺する)の原因や解決策はどうでもいいのだ。

アウトドアの知識がないと、こういうときに役に立たない。
やっぱり、遊びを心得てる人が強いんだなぁ。

kazz
kazzさん / 2017年2月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

電気がない!

コメディーだけど、ある面「シン・ゴジラ」と似たシュミレーション映画。コメディーだからシュミレーションの突っ込みはソコソコだけどもしこんな状況になったら私はとても映画の家族のように鹿児島までたどり着く自信はない。水は手に入れられないだろうし、火は起こせない。豚を丸一匹さばくなんて、とても出来ない。
映画は極限のロードムービーで家族の成長ドラマ。小日向文世のおとっつぁんはイメージ通りのハマり役。家族に対して威張るばかりで何も出来ない。深津絵里のおかあちゃんの方が頼りになる。子供ふたりも最悪のクソガキ。それが旅の過程で成長していく。
映画的な楽しさは蒸気機関車の登場シーン。危機に瀕した小日向家族を2度も助ける。「シン・ゴジラ」の機関車の活躍よりずっと爽快。特におかあちゃんが危なくなったときの最初の登場シーンはいいなぁ〜。もうひとつの楽しさは大地康雄の農家の爺さん。西部劇に出てくるガンコな故郷の爺さんみたいで、こういう爺さんがいたらしばらくは生き残れそう。
電気が無くなった理由が示されないのもいい。危機は理由なくやってくる。この映画の家族みたいに成長してメデタシ、メデタシには絶対にならんだろうが。

Toshi
Toshiさん / 2017年2月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

特別ドラマでいいんじゃない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画の設定では

電気・ガス・水道のライフラインどころか電池までアウトの世界。

後日談で今回の出来事は太陽フレアの影響という事に

人類がまだあったことのない現象としてはなかなか面白い設定だと思う。

ただタイトルにあるサバイバル

少しばかりか、いざって時を想定し生きるヒントを期待したのですが。

そういうたぐいのサバイバル要素は全く無い。

出演の家族の演技が良かったものの
もし無名の役者が主演ならば 観れたものでは無い。

フジテレビの映画の様なので
テレビの特番なら楽しめると思います。
わざわざ映画館で観るようなもんではないかな。

ハーツクライ
ハーツクライさん / 2017年2月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

笑えるけど…考えさせられるテーマ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

何だかよくわからないけどある日突然電気を必要とする全ての物が使えない事態に陥る。

すぐに復旧するだろうと誰しも思ったのだが…
先の見えない不安と何処からともなく聞こえてくる噂に右往左往し鈴木一家4人は祖父の住む鹿児島を自転車で目指す。

高速道路を自転車で走ったり、トンネルを通過する為の案内人が登場したり、バッテリー液って飲めるんだぁって感心したり。
湧き水に苔が生えてれば飲める水だって事など沢山のヘェ〜が詰まった作品。

中でも豚捕獲の手伝いをする条件でお世話になった大地康雄宅での暮らしがシンプルで良いなぁ〜と憧れます。
薪で沸かした風呂に入るシーンは実に気持ち良さそう。
豚の燻製も卵も自給自足の生活は素晴らしい。

野犬と化した犬達に肉を狙われあわやこれまでと思ったところにSL機関車が…話出来過ぎ
でもって、発煙筒で助けを求める父って…

まぁ簡単に死なないだろうと思ってはいたが
また鈴木家4人は仲良く顔を真っ黒にして笑っている。
鹿児島で漁の手伝いをしながら2年が過ぎたある日、庭先の物置から目覚まし時計のアラームが聞こえる。

電気が戻った。

鈴木家はまた都会の高層マンションに戻り生活を始めるが以前とは少し違う…皆んなワイルドだ!

笑えるしサラリと見れて面白かった。

eriee
erieeさん / 2017年2月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

藤原紀香は極限状況でビタミン!

ある日電気が使えなくなり小日向文世が「原因は?」と問うと深津絵里が「よくわからない」と答えるがこれこそが本作のリアリティライン。いわばかなり隙のある「もし電気が無くなったら」という思考実験。この隙がミソで観客は心の中でツッコみながら実験の当事者になる

その隙こそがダメだと言う人も当然おると思うけど俺は全然ノれた。というか正直最初はこの隙に俺も「ん?」と思ったけど個々のシーンが上手くて可笑しくて絆された感じ。矢口史靖監督には参りました。東京から出ていく過程で家族がひとつになっていく様はまさに『東京物語』の裏返し。いい作品だなあ

特に可笑しかったのは道中で出会う意識高い系家族。母親が藤原紀香なんやけどこのキャスティングが完璧!道に自生している雑草を抜いて「このオオバコも食べられる。味はあれだけど茹でるとビタミンも豊富なのよ。」と言う。めっちゃ言いそう!ビタミン言いそう!極限状況でビタミン!最高!紀香です!

ヒートこけし
ヒートこけしさん / 2017年2月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

思っていたより‥ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

SFに近いほどのありえない話で、私の好きなタイプの映画ではないと思ってたけど、すごく良かった。予告とかで話は大体分かってたし、それ通りだったのだけれども。。当たり前のことが、当たり前とも思ってなかった自分に気付いた。本当の時給自足とは何か。岡山の農家のおじさんとか、SLとか、ちょっと考えれば思いつくことが、全然思い付かなくて、恥ずかしいとさえ思ってしまった。真っ暗な街並みも見てみたいものだが、それが当たり前になった後の、灯りがついた街並み。これは絶対に味わうことはないのだろうと思うと、それを表現したのが素晴らしい。それにしても母、強し。笑

いつこ
いつこさん / 2017年2月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ほのぼのサバイバル ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

もう少しサバイバルしてるのかと思ったら、とってもハートウォーミングなお話。昔々読んだマンガのサバ◯バルを想像してハードな展開を期待したり、はたまた国家機密の社会実験なのか!?みたいな余計な裏読みをしたりしないで、ただただほっこりしに行きましょう!

でもギリギリまで、大地康雄が国のお役人で「4人家族、移動距離◯◯km」とか記録していたり何処かへ連絡したり…と期待していた(笑)

としろー
としろーさん / 2017年2月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いつもより笑いは控えめも、いい映画を見た余韻には浸れる一本

矢口史靖監督の題材選びは毎度毎度素晴らしいなと思わされ続けてきましたが、今回もまたさすがと言える目の付け所でしたね。
まあ邦画に限らなければ目新しい題材ではないですが、それを矢口監督らしい視点で描くとまた全然違った味わいがあるもので。
題材が題材だけに、どちらかと言えば過去作よりも笑いよりは考えさせられる要素の方が大きかったですが、でも随所に散りばめられた笑いにはクスクスと笑わせてもらいましたし、何かと考えさせられたり、思わぬ感動もあったりで、今回もまたいい映画を見た余韻に浸れる一本ではあったかと思いました、いつも通り老若男女誰が見ても安心して楽しめる作りだったのも矢口作品らしくて良かったですね。

しかしある日突然電気が使えなくなるどころか、ガスも水道も全てのライフライン、更には何故か電池まで使えない世の中になってしまったら、一体どうなってしまうのでしょうか・・・って、まあどこかで震災を経験したことがある方なら、ここまで長期間ではないにしろ、電気ガス水道、更には物流が滞る事態は経験済みかと思いますし(私も)、逆に全く想像がつかない世の中ではなかった分、感情移入はし易かったですかね。
まあこれが洋画だったら血みどろの争いになるのでしょうが、この映画はある意味いかにも日本的な描き方だったと言えるかもしれませんね。
ただ主人公一家に纏わる部分だけリアルで、それ以外は相当突っ込みどころ満載だったでしょうか、でも全部リアルに描いたら予算も足りないし主題も違う所に行ってしまいそうですから、私的にはまあ絶妙な線だったと思いました。

それにしても、小日向親父・・・偉そうにばかりしていて何もできない様子が似合いすぎる(笑)
でも、自分も将来こんな風になりそうで怖いな、ネットに頼りすぎな子供達要素もあるし、深津絵里お母さんの魚が捌けない&虫に怯える要素もあるし、我が身を見ているようで、より物語に入っていけましたよ、これもまた今の日本人を象徴するような絶妙な線と言えましょうか、時任三郎一家のような家族はほんの一握りでしょうから・・・しかしあの家族に藤原紀香を配すところが素晴らしすぎます!(イラッとした~)

一家がサバイバルしていく様子は、少々甘いかなと思わなくもなかったですが、人の優しさってこう言う時に本当に身に染みるんですよね、大地康雄家での一コマはホント心に残る一コマでした。
オープニングとラストの家族の様子の対比具合も印象的でしたね、表情とか特に、現代の便利な社会を単に否定するだけの作品じゃなかったのも好感が持てました。
いつ何が起こるか分からない世の中、感謝の気持ちを持ちつつ、これからは自然や過去とうまく共存していくことが必要なのかもしれませんね。
まあ傑作とまでは言わずも、いい映画ではあったと思いました。

スペランカー
スペランカーさん / 2017年2月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 怖い 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

田舎に行けば電気が無くても大丈夫かな

突然電気が無くなった東京から鹿児島まで家族で避難するお話し。サバイバルには慣れていないのは都会人誰でも思い当たるふしがあるはず。共感したり笑ったり焦ったり。実際に停電したら何も出来ないんだなと、電気の有り難みを感じました。

藤井 凛
藤井 凛さん / 2017年2月24日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

昔の良さがまだ日本に有り

都会は電気ガス水が途絶えるとたちまち行き場を無くす。水は雨が降れば貯めればいい。食べるものは山海川に行けば有る。
火は山に材料はある。まあ今はまだ紙類はあるだろう。最近ずいぶん減ってきたように思える。
燃やすことがなくなった。
自給自足は今求められること。
畑を耕そう。すぐには食べれんし、家畜も育てんといかん。今回豚をさばくところがあったね。
いいものを見ました。有り難く頂くことが大切。字の如く有ることが難義なことである。だから有難うと感謝する。いい映画だった。
サバイバル精神忘れるべからず。

fuehata
fuehataさん / 2017年2月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

忘れないでほしい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

正直に言えば、好みではない。

しかし隠されているメッセージは辛辣でもありやさしいでもある。

電気が使えなくなった世界で故郷に自力で帰る鈴木一家の道中に移るのは、荒れた都会、変わらぬ田舎の風景であるのはそれが、経済成長で「見捨てた」ものだからだ。あの機関車もそうだ。

だから、ラストの故郷で数年を過ごした後に元の都会に戻ったのも、あのエンドロールに流れる都会の場面も自分としては分かる気がする。

それは経済成長で生きてきた人、または生きている人にこういっている。

あなた達が「見捨てた」ものを忘れないでほしい。と。

辛辣さとやさしさとはその感覚だ。

ko_iti
ko_itiさん / 2017年2月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

普通に楽しめた

リアリティーが無いと批判があるようですが、私はそこまでリアリティーは求めていなかったので物語として楽しめました。
深津絵里さん演じる母親の「どこにでもいそう感」がとても良かったです。

◯
さん / 2017年2月24日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

何を訴えたいの? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ただ自転車で走っているだけで、経過時間と体力・食料もつじつまが全然合わない。最後に突然蒸気機関車が出てきて助かる。そして3年後に電気が突然復旧???するも原因不明。近年にない駄作でした。

aki007
aki007さん / 2017年2月24日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

全部イマイチ

あんまり現実味がなさすぎてリアリティーにかける
全体的にふわふわしてる映画

どいやさん
どいやさんさん / 2017年2月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リアリティが無い ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

何故かわからないけど電気、ガス、水道が止まる
このトンデモ設定までは全く問題無い。下手にそれらしい原因を描こうとすると逆に転びそうだし…。

だけど、そのあとの展開にあまりにも合理性が無さすぎる。
生活への不安から怒りを募らせる人は多いだろうけど、駅やら空港やらで急に大声を出し始めるほど無秩序になる?怒鳴ったってどうにもならないだろうに!
そして飢えた人が少なすぎる。緊迫感が無かった。

全体を通して、家族がハアハア言いながら走っている→なにかイベントがある→イベントクリア→またハアハア辛そうに走る、の繰り返しで単調だった。「辛い、苦しい」の表現がつらそうに歩くことでしか表されていなかった。

笑うにはあまりにも笑いどころが少ないし、引き込まれるにはあまりにもリアリティに欠ける。つまらなくはなかったけど惜しい。

さらしな
さらしなさん / 2017年2月23日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リアリティーが足りないかな? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

予告編から、って言うか小日向さんが出ている時点でかなりコメディーよりなのは知っていたけど、寄りも寄りすぎじゃね?w

見終わった感想としては、まずまず面白かったけど映画館でなくても良いかな~?と思った。

まず東京で住んでいる割にはパニック感が非常に希薄、どのシーンにもあまり緊迫感がなく避難訓練しているみたいな様子は日本人特有なのか?それとも明日にも元通りになると思っているからか?

深津絵里はしっかりとしつつも天然キャラ前回なのが面白い。長男役の泉澤くんはパッとしないキャラがばっちりだがしっかりとやるときはやる。長女役の葵ちゃんは非常に小憎たらしいw色々な事に次々と文句を言いこの兄弟は色々と不服を漏らす。

それにいちいちひっかかり注意したり怒る小日向さん。本当に素晴らしい役者さんです。優しさや面白さ色々な面を出したり、入れたり。

もう少し家族のロードムービー的な形をとっても良かったと思うが、、。

それと最後まで原因がわからずってのが非常にこそばゆい所だった。

まあ現実に起こる可能性は低そうだが、もう少し社会を写してほしかったかなー。

まあ地上波で良いかなって思った。

ポップコーン男
ポップコーン男さん / 2017年2月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

勉強になりました‼

この状況有り得る‼って感じでずっと観てました。ただの電気が使えない状態のサバイバル生活かと思いきや、家庭環境悪いというか家庭内思いやり無さすぎ(..)
家族がサバイバルの中ずっと顔合わせて嫌でも協力し合うなか心境に変化が表れる様が面白かった。
便利な世の中が幸せなのか…
電気が無くても家族がいるだけで幸せなのか…

くる
くるさん / 2017年2月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ご飯を頬張り梅干パクー!に思わず生唾‼︎ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

矢口監督の作品は
劇場では初鑑賞。

特に見たい映画は無かったが
バースデー割引がある2月だったため
とりあえず見とくか、的な選択。
いわば「消化試合」的な選び方だった。

が、それがなかなかの当たり!

予告編からは
かなりコメディー寄りの作品の
雰囲気が出ていたが
それだけに終わらず
考えさせられるシーンもあり
ほろっとくるシーンもありで
最後まで飽きずに見終わることができた。

家族の成長(変化)もよかった。
小日向&深津の夫婦は言わずもがな、
特に、兄妹の成長に引き込まれた。

お兄ちゃんが意外と冷静で
ここぞという時に頼りになる。
悟り世代ナメんな!とでも言うように
バッテリー補充液を飲料水として代用。
そうなんや!初めて知った。

今時のJKを演じる葵わかな。
大きく深呼吸して
スイッチをONにしないと
教室には入れない。
そんな女の子が
弱さに潰れそうになりながも
母親譲りの「天然」パワーで
成長していく姿に見入った。

岡山の農家で久しぶりの
「御馳走」にありつくシーン。
お兄ちゃんの食事シーンは圧巻だった。
(かなりお腹を空かせての撮影だった?)
かきこむようにご飯を頬張り
梅干しを丸ごとパクー!
んー!酸っぱい!でも美味い!
の演技(素?)は生唾ものだった。

豚の燻製にかぶり付きながら
涙する妹。
「なんで泣いてんの?」
「わかんないよ」のやりとりに、
こちらも涙。

個人的には「笑い」と「シリアス」の塩梅が
非常に心地よかった。
爆笑まではいかなくとも
クスッとできるシーンが多々あり
絶妙なバランスで
ラストまで連れていってくれる。

どう収めるか気になってた
エンディングも
個人的にはしっくり来た。

あそこの写真がここに繋がるのね。
エンディングで
「ニヤリ」とできる映画は
やっぱり心地いい。

まぁ、ツッコミどころが
無いわけではない。

途中で出会うロードバイク家族。
あそこまで、
ピンチを楽しむ過剰な演出は不要だった?
加えて藤原紀香のキャスティングは如何なものか。
ナチュラリストから一番遠い女優に
道端の雑草を食べろと言われても
なんの説得力もなかった

また廃墟と化している町の「汚し」演出は
いかにもな「急ごしらえ感」が
画面を通じて出てしまっていて
もう一つリアルさに欠けていた。

CGに頼ることなく、あそこまでの
非日常を作り出せたのだから
もうあと一息頑張って欲しかった。

でも、そんなマイナスポイントを
補って余りある映画だった。

見終わって、劇場を出て
余韻に浸りながら
スマホの電源をON。
メールのチェックをしながら
我に帰って苦笑い。
監督は、まさにこう言う人間に
物申したかったんだろうな。

サービスデーでなくとも
1800円の価値は十分あると思う。

だいきつ
だいきつさん / 2017年2月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

設定が甘い

震災時の混乱を思い出しますがこの映画に出てくる人たちは恐らく間接的にも震災経験がないという設定だと思われます。なので見てる我々は経験者の立ち場からうろたえる登場人物たちを見る感じなのでドキドキ感に欠けます。家族の人物像は娘や息子の描き方に目新しいものがないのが残念。
深津の妻は新鮮な感じがしましたが小日向さんじゃなければ作品自体酷評されてたかも。
やはり気になるのは雑な設定です。

kumashan
kumashanさん / 2017年2月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

151件中、61~80件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi