サバイバルファミリーのレビュー・感想・評価 (5)

サバイバルファミリー

劇場公開日 2017年2月11日
162件中、81~100件目を表示 映画レビューを書く

田舎に行けば電気が無くても大丈夫かな

突然電気が無くなった東京から鹿児島まで家族で避難するお話し。サバイバルには慣れていないのは都会人誰でも思い当たるふしがあるはず。共感したり笑ったり焦ったり。実際に停電したら何も出来ないんだなと、電気の有り難みを感じました。

藤井 凛
藤井 凛さん / 2017年2月24日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

昔の良さがまだ日本に有り

都会は電気ガス水が途絶えるとたちまち行き場を無くす。水は雨が降れば貯めればいい。食べるものは山海川に行けば有る。
火は山に材料はある。まあ今はまだ紙類はあるだろう。最近ずいぶん減ってきたように思える。
燃やすことがなくなった。
自給自足は今求められること。
畑を耕そう。すぐには食べれんし、家畜も育てんといかん。今回豚をさばくところがあったね。
いいものを見ました。有り難く頂くことが大切。字の如く有ることが難義なことである。だから有難うと感謝する。いい映画だった。
サバイバル精神忘れるべからず。

fuehata
fuehataさん / 2017年2月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

忘れないでほしい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

正直に言えば、好みではない。

しかし隠されているメッセージは辛辣でもありやさしいでもある。

電気が使えなくなった世界で故郷に自力で帰る鈴木一家の道中に移るのは、荒れた都会、変わらぬ田舎の風景であるのはそれが、経済成長で「見捨てた」ものだからだ。あの機関車もそうだ。

だから、ラストの故郷で数年を過ごした後に元の都会に戻ったのも、あのエンドロールに流れる都会の場面も自分としては分かる気がする。

それは経済成長で生きてきた人、または生きている人にこういっている。

あなた達が「見捨てた」ものを忘れないでほしい。と。

辛辣さとやさしさとはその感覚だ。

ko_iti
ko_itiさん / 2017年2月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

普通に楽しめた

リアリティーが無いと批判があるようですが、私はそこまでリアリティーは求めていなかったので物語として楽しめました。
深津絵里さん演じる母親の「どこにでもいそう感」がとても良かったです。

◯
さん / 2017年2月24日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

何を訴えたいの? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ただ自転車で走っているだけで、経過時間と体力・食料もつじつまが全然合わない。最後に突然蒸気機関車が出てきて助かる。そして3年後に電気が突然復旧???するも原因不明。近年にない駄作でした。

aki007
aki007さん / 2017年2月24日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

全部イマイチ

あんまり現実味がなさすぎてリアリティーにかける
全体的にふわふわしてる映画

どいやさん
どいやさんさん / 2017年2月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リアリティが無い ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

何故かわからないけど電気、ガス、水道が止まる
このトンデモ設定までは全く問題無い。下手にそれらしい原因を描こうとすると逆に転びそうだし…。

だけど、そのあとの展開にあまりにも合理性が無さすぎる。
生活への不安から怒りを募らせる人は多いだろうけど、駅やら空港やらで急に大声を出し始めるほど無秩序になる?怒鳴ったってどうにもならないだろうに!
そして飢えた人が少なすぎる。緊迫感が無かった。

全体を通して、家族がハアハア言いながら走っている→なにかイベントがある→イベントクリア→またハアハア辛そうに走る、の繰り返しで単調だった。「辛い、苦しい」の表現がつらそうに歩くことでしか表されていなかった。

笑うにはあまりにも笑いどころが少ないし、引き込まれるにはあまりにもリアリティに欠ける。つまらなくはなかったけど惜しい。

さらしな
さらしなさん / 2017年2月23日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リアリティーが足りないかな? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

予告編から、って言うか小日向さんが出ている時点でかなりコメディーよりなのは知っていたけど、寄りも寄りすぎじゃね?w

見終わった感想としては、まずまず面白かったけど映画館でなくても良いかな~?と思った。

まず東京で住んでいる割にはパニック感が非常に希薄、どのシーンにもあまり緊迫感がなく避難訓練しているみたいな様子は日本人特有なのか?それとも明日にも元通りになると思っているからか?

深津絵里はしっかりとしつつも天然キャラ前回なのが面白い。長男役の泉澤くんはパッとしないキャラがばっちりだがしっかりとやるときはやる。長女役の葵ちゃんは非常に小憎たらしいw色々な事に次々と文句を言いこの兄弟は色々と不服を漏らす。

それにいちいちひっかかり注意したり怒る小日向さん。本当に素晴らしい役者さんです。優しさや面白さ色々な面を出したり、入れたり。

もう少し家族のロードムービー的な形をとっても良かったと思うが、、。

それと最後まで原因がわからずってのが非常にこそばゆい所だった。

まあ現実に起こる可能性は低そうだが、もう少し社会を写してほしかったかなー。

まあ地上波で良いかなって思った。

ポップコーン男
ポップコーン男さん / 2017年2月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

勉強になりました‼

この状況有り得る‼って感じでずっと観てました。ただの電気が使えない状態のサバイバル生活かと思いきや、家庭環境悪いというか家庭内思いやり無さすぎ(..)
家族がサバイバルの中ずっと顔合わせて嫌でも協力し合うなか心境に変化が表れる様が面白かった。
便利な世の中が幸せなのか…
電気が無くても家族がいるだけで幸せなのか…

くる
くるさん / 2017年2月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ご飯を頬張り梅干パクー!に思わず生唾‼︎ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

矢口監督の作品は
劇場では初鑑賞。

特に見たい映画は無かったが
バースデー割引がある2月だったため
とりあえず見とくか、的な選択。
いわば「消化試合」的な選び方だった。

が、それがなかなかの当たり!

予告編からは
かなりコメディー寄りの作品の
雰囲気が出ていたが
それだけに終わらず
考えさせられるシーンもあり
ほろっとくるシーンもありで
最後まで飽きずに見終わることができた。

家族の成長(変化)もよかった。
小日向&深津の夫婦は言わずもがな、
特に、兄妹の成長に引き込まれた。

お兄ちゃんが意外と冷静で
ここぞという時に頼りになる。
悟り世代ナメんな!とでも言うように
バッテリー補充液を飲料水として代用。
そうなんや!初めて知った。

今時のJKを演じる葵わかな。
大きく深呼吸して
スイッチをONにしないと
教室には入れない。
そんな女の子が
弱さに潰れそうになりながも
母親譲りの「天然」パワーで
成長していく姿に見入った。

岡山の農家で久しぶりの
「御馳走」にありつくシーン。
お兄ちゃんの食事シーンは圧巻だった。
(かなりお腹を空かせての撮影だった?)
かきこむようにご飯を頬張り
梅干しを丸ごとパクー!
んー!酸っぱい!でも美味い!
の演技(素?)は生唾ものだった。

豚の燻製にかぶり付きながら
涙する妹。
「なんで泣いてんの?」
「わかんないよ」のやりとりに、
こちらも涙。

個人的には「笑い」と「シリアス」の塩梅が
非常に心地よかった。
爆笑まではいかなくとも
クスッとできるシーンが多々あり
絶妙なバランスで
ラストまで連れていってくれる。

どう収めるか気になってた
エンディングも
個人的にはしっくり来た。

あそこの写真がここに繋がるのね。
エンディングで
「ニヤリ」とできる映画は
やっぱり心地いい。

まぁ、ツッコミどころが
無いわけではない。

途中で出会うロードバイク家族。
あそこまで、
ピンチを楽しむ過剰な演出は不要だった?
加えて藤原紀香のキャスティングは如何なものか。
ナチュラリストから一番遠い女優に
道端の雑草を食べろと言われても
なんの説得力もなかった

また廃墟と化している町の「汚し」演出は
いかにもな「急ごしらえ感」が
画面を通じて出てしまっていて
もう一つリアルさに欠けていた。

CGに頼ることなく、あそこまでの
非日常を作り出せたのだから
もうあと一息頑張って欲しかった。

でも、そんなマイナスポイントを
補って余りある映画だった。

見終わって、劇場を出て
余韻に浸りながら
スマホの電源をON。
メールのチェックをしながら
我に帰って苦笑い。
監督は、まさにこう言う人間に
物申したかったんだろうな。

サービスデーでなくとも
1800円の価値は十分あると思う。

だいきつ
だいきつさん / 2017年2月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

設定が甘い

震災時の混乱を思い出しますがこの映画に出てくる人たちは恐らく間接的にも震災経験がないという設定だと思われます。なので見てる我々は経験者の立ち場からうろたえる登場人物たちを見る感じなのでドキドキ感に欠けます。家族の人物像は娘や息子の描き方に目新しいものがないのが残念。
深津の妻は新鮮な感じがしましたが小日向さんじゃなければ作品自体酷評されてたかも。
やはり気になるのは雑な設定です。

kumashan
kumashanさん / 2017年2月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

普通の家族を応援したくなる

この世から電気が消えたらどうなるか。いきなり生きるか死ぬかのサバイバル生活に直面する普通の家族の奮闘をリアルにコミカルに描いている。消費するだけの都会の殺伐とした感じと、自給自足できる田舎の対比も考えさせられるものがある。一見バラバラで、各々が好き勝手なことをしているように見える家族が、助け合い絆を深めていく内容だと思うのだが、いまひとつ共感できる部分が弱かった。流れが淡々としていて、家族の関係が劇的に変化する転機とかエピソードが何かほしいような感じがした。電気が復旧して元の生活に戻った一家の変化も、何か印象的なシーンを演出することもありでは。

ガバチョ
ガバチョさん / 2017年2月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

可もなく不可もなし

可もなく不可もなしといった感じ。もっと笑えるかと思ったけど、案外シリアス

nkboy
nkboyさん / 2017年2月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

笑えるけど明日は我が身か。サバイバルを通して描く、家族の成長物語。

【賛否両論チェック】
賛:電気が消滅した世界で奮闘する一家族の成長する姿が、笑いの中にも感動を誘う。電気依存社会への警鐘も。
否:展開としては結構無理があり、ご都合主義的な印象も否めない。

 ある朝突如として電気が使えなくなり、徐々に必要に駆られて田舎への自転車移動を余儀なくされる家族の姿を、クスッと笑える描写たっぷりで描いていきます。同時に、 電気と電池がダメになってしまっただけで、時間も分からなくなってしまうほどの電気依存社会への警鐘的意味合いも、多分に含まれています。現実にも決して起こり得ない話ではない辺りが、身につまされるようです。
 また、事件が起こる前は皆頼りなく、会話もろくになかった一家が、一連の騒動を通してぶつかり合いながらも助け合い、次第にたくましく成長していく勇姿も、なんだか感動するものがありますね。
 是非とも家族で笑いながら、防災について考えたい作品です(笑)。

映画コーディネーター・門倉カド
映画コーディネーター・門倉カドさん / 2017年2月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

最高に

おもしろい映画。最初から最後まで全てがおもしろい。
これはおすすめだね

Kim's
Kim'sさん / 2017年2月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

現代の若者に訴えてる!?

昔の暮らしの良さがわかった映画
現代はいかに楽をして生きてるのか感じました。

sayu
sayuさん / 2017年2月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うちも絶対こうなるわ〜

うちの家族も絶対こうなるわーと思って見ていました。
父親ってどこもあんな感じなのかな?

映画の感想としては、前半が特に好きでした。
電気が使えなくなるけど、まあ、明日には戻るでしょ、と気楽に構えて、LINE返さなくていいしラッキー!とか、ご飯もレトルトだし、楽でいいわーとか言ってたら、じわじわ困ることが増えてきて、いつの間にか大変な事態に…
と、徐々にみんながやばくない⁉︎と気付き始めるシーンが不気味でした。

でも作品全体としてはコミカルで面白いので笑って見られます。
リアリティがないといえばないけど、この映画はこれでいいんだろうなぁ

ののの
のののさん / 2017年2月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ほっこりするコメディー

ほっこりするコメディー

かまちゃん
かまちゃんさん / 2017年2月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まあまあかな

突っ込みどころはたくさんあります。
でも、退屈せず観られてよかったですよ。

肉球
肉球さん / 2017年2月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今回はダメでした ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

個人的には、矢口監督作品に関しては好きな作品と嫌いな作品と結構分かれる。
で、今回は結論から言うとダメな方でした。
これは、言わずもがなの事ではあるが、題材としては3.11の時の東京近郊が実際に計画停電など起こったのがきっかけだと思う。電気がある日突然無くなったらというアプローチ自体、3.11以後の我々には割と身近に考えるべき問題であるのは間違いない。
ただ、小日向文世さん演じる父親に色々な違和感を感じながら見ていた。
まず、彼の無計画で無鉄砲な行動で、家族を度々危険な目に合わせすぎということ。
そして、命の恩人とも言える人を置いて、また無事たどり着くかどうか分からない危険な旅に出るという選択。家族の絆とか言いたいのかもしれないけど、それでも彼についていく理由が弱すぎるし、命の恩人をある意味見捨てる選択に正直腹が立った。
遠くの親戚より、近くの他人って言葉はこの場合当てはまらないのかね。
そして、発煙筒の件も、全ての物を失ったのに発煙筒だけ何で都合よく持ったままなの?
それも、最初に今は使わないでポケットにしまう描写を一つ入れて置けばまだ納得できたのに。
そして最後、そうまでしてたどり着いた奥さんの実家で、二年間そのコミュニティである程度人間関係を築けているだろうに、電気が戻ったとたん結局東京に戻るんかい!
そもそも小日向文世さんの風体からしても50代半ばじゃん、定年まで後数年なのに、わざわざ戻るなんて結局コイツラは何にも成長してないじゃん。
結局は何もない田舎より、都会の方が便利でいいね、って結論にしかなってない。
って事で、わざとらしい伏線の数々、ご都合主義にも程があるお話の展開、これでは電気に依存し過ぎの現代人に対して特に何の警鐘も鳴らせていないと思う。
それとも、我々日本人は3.11の後何にも変わっていない、喉元過ぎれば熱さ忘れる民族だということが言いたいのか。
だとしたら、それはその通りとしか言いようがない。

なかむり
なかむりさん / 2017年2月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

162件中、81~100件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi