エイリアン コヴェナントのレビュー・感想・評価

エイリアン コヴェナント

劇場公開日 2017年9月15日
148件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

リドリー・スコット翁のやりたい放題!

『エイリアン』一作目の監督は確かにリドリー・スコットだが、最初にアイデアを考えて脚本化したのはダン・オバノンだし、強烈なクリーチャーデザインはギーガーがもともと描いていたものだし、ギーガーとスコットと引き合わせたのはオバノンだし。ほかにもウォルター・ヒルら大勢の人材が関わっていて、スコットが「シリーズの生みの親」かどうかには議論の余地がある。

しかしスコットは敢えて『プロメテウス』『コヴェナント』と続けて「エイリアン」伝説のはじまりを描こうとしている。ぶっちゃけ後付けの前日談は蛇足になりがちだが、スコット翁の「オレにとって「エイリアン」はこうなんだよ!」と宣言するかのごときやりたい放題はある意味で痛快。神話をモチーフにしまくっているせいで「エイリアン」の神秘性が逆に薄れた感はあるが、『プロメテウス』よりもアクション/スリラー感が増して娯楽に寄っている分、今回の方が単純に楽しめた。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年9月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

「スター・ウォーズ」連作のように、第1作に円環する

SF映画の巨匠として、リドリー・スコットがルーカスに張り合ったのかどうかは不明だが、「スター・ウォーズ」シリーズのように、「エイリアン」シリーズの前日譚として「プロメテウス」と本作を作り、第1作の冒頭につながるストーリーを作った。もっとも、最初から全体の構想があったSWに比べると、こちらの前日譚は後付け感が少々。うまいことつじつま合わせたな、と感心はするけれど。「プロメテウス」を未見なら、事前の観賞が必須。でないとファスベンダーの二役とか意味が分からないと思う。

コヴェナントは、作中では宇宙船の名前だが、「契約、誓約」といった意味がある。辞書には神とイスラエル人との契約の例が出ている。本作では創造主と新たな種の契約を示唆しているのだろうか。明示的ではないが、観る人によっていろいろ解釈できると思う。

AuVis
AuVisさん / 2017年9月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

複雑怪奇から単純明快へ

プロメテウスで観客を置き去りにして彼方へ飛び立ったその後に。そこから今回は、馴染む舞台と馴染む流れで懐古ファンを置き去りに。
一瞬パロディの新しいスタイルかと見紛う怪作でした。僕は大好きです♪何かチンマリしたとこにまとまっちゃったけど、このサイズなら風呂敷畳める気がしますもんね(笑)
話はだらーんと進むわりに気がつけばだいぶ死んでますよマジック(?)も見事でした。とりあえず誉めちぎっときます。理由はないけれど楽しかったので。

lynx09b
lynx09bさん / 2017年9月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 怖い 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

創造主の傲慢 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

今年はSF映画ファンにとっては最高の年ではなかろうか。
『スター・ウォーズ』があって『ブレードランナー』があって『エイリアン』がある。
『エイリアン』のエピソード0に当たる2012年の『プロメテウス』の続編。監督は勿論リドリー・スコット。
『プロメテウス』は日本の配給会社の史上最悪の詐欺宣伝のせいで、作品自体に否は無いのに、大酷評を浴びてしまったが、今回はちゃんとタイトルに“エイリアン”を冠し、『エイリアン』との関連性を位置付け。
いよいよ明かされるエイリアン誕生の秘密…。

『エイリアン』はSF映画史の金字塔で、リドリーはその創造主の一人。
だから何だか言ってはいけない空気が漂ってるが、敢えて言わせて貰う。
今回は、凡作だった、と。

別にスゲークソつまんねーってほどじゃないんだけど…、何て言うか、ダラダラダラダラダラダラ、それでいてマンネリ。
まず、最初の30分が退屈で退屈で。前日睡眠きちんと取ってなければ、間違いなく睡魔に襲われるだろう。それくらいスローテンポ。
やっと舞台の星に着いて(正確には寄って)、プロメテウス号を発見して、話が軌道に乗った。
やっとやっと“奴”が現れて、ちょっとは面白くなった。
第1作目を彷彿させるようなホラー演出、グロテスク描写。ジェリー・ゴールドスミスの音楽も流用。
シリーズお馴染みのシーンや台詞もあり、ファンにはニヤリ。
専ら原点回帰と評判のようだが…、展開も演出も見せ方も登場人物の配置も何もかも、第1作目まんま。これじゃあ原点回帰と言うより、ただの焼き直し。

“戦うヒロイン”キャサリン・ウォーターストンだが、最後にようやく体を張ったぐらいで、ほとんど何もしてない。『ファンタスティック・ビースト~』の時はエレガントで魅力的だったのに、今回は全く魅力を感じられなかったのも残念。
主役は“2体”のマイケル・ファスベンダー。ま、オチはすぐ察しが付いたけど。

『エイリアン』シリーズは勿論好きだが、誰かに説明出来るほど詳しい訳じゃない。
それでも年代など辻褄合わないのは知ってるが(と言うより、有名)、その辻褄合わない云々以前の問題。
結局話はほとんど先に進んでおらず、同じ事の繰り返し。さながら劇中の、目的の星の前に今回の舞台の星に寄り道したコヴェナント号そのもの。
リドリー御大は、後2本続編を作って、『エイリアン』第1作に繋がると言ってるが、こんなんで後2本もあるなんてキッツイ…。

さて、エイリアン誕生の秘密は確かに明かされる。
でも、何かもっとこう、未知的なものと思いきや、結局…。
今回のテーマはズバリ、創造主の傲慢。
『プロメテウス』でファスベンダーが扮したアンドロイド、デヴィッドの事であり、エイリアン誕生にも関係。
何だかそれが、無理苦理話を広げ、強引に繋げようとしてるリドリー御大にダブって見え、皮肉に思えて仕方ない。

近大
近大さん / 2017年9月22日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 怖い 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

フランケンシュタイン・コンプレックス

リドリー・スコットの描く悪趣味な世界観を堪能したい人、
あるいはマイケル・ファスベンダーのファンなら楽しめる作品。

恐らく「プロメテウス」からこの始まるシリーズは
第1作目のエイリアンとは繋がらないパラレルワールドなのでしょう。
前作「プロメテウス」よりはマシになっているとは言え、
やっぱり今回もストーリーに筋が通っているとは言いがたく、
登場人物も不可解な行動が多いです。

ただ、リドリー・スコットがこのシリーズで
やろうとしていることはより明確になっています。

神(エンジニア)が人間を作り、人間がアンドロイドを作り、
アンドロイドが…というこの創造と探究心のループ。
創造物でありながら自らもまた創造主たらんとし、
時には創造主に対する禍と化してしまう。
いわゆるフランケンシュタイン・コンプレックスが
テーマになっているように思われます。

なのでこの作品の評価はエイリアンというコンテンツに
何を求めているかによって評価が変わってくると思います。
「エイリアンにそんな哲学的な話なんて求めてねーよ」という人や
「エイリアン2」が最高傑作とする人にとっては微妙な作品でしょう。
良くも悪くも巨匠リドリー・スコットの趣味が
全面的に押し出されている作品です。

l3v3lw00d
l3v3lw00dさん / 2017年9月22日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 興奮 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

エイリアンよりファスベンダー推し

日本ではプロメテウス公開時はエイリアンだと伏せて宣伝してたので
ただのSF映画かな?と思ってスルーしてしまい、後で悔やむはめに。
劇場でエイリアンを見るのはエイリアン4以来なので20年ぶり。
私が好きな「エイリアンのお約束」がいっぱい詰まってました、ありがとうございます。

あと、見る前はそんなに気にかけてなかったマイケル・ファスベンダー
映画見終わる頃には大好きになって出てきました。
リドリー・スコットがファスベンダー推し過ぎて
ファスベンダーの魅力を余すところなく見せまくったった!て感じで
ファスベンダー7割で残り3割がエイリアンかな?と言うぐらいには主役がファスベンダー。

困ったことにコヴェナントを見たらファスベンダーを好きになりそうな友人が軒並みエイリアン苦手なのですが、どうしたらいいんですか監督。

ゆたかちひろ
ゆたかちひろさん / 2017年9月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

BGMが良い!

プロメテウスを見た時は、リドリースコット監督が何をしたいのか分かりませんでしたが、本作で理解出来ました。
過去の作品はエイリアンが人類の敵でしたが、もはやエイリアンはただの生物扱いで、真の敵は身近にいる人造人間、いやそれを造った人間なんですね。
何処となく、ブレードランナーに近い気もしました。
(まあ監督は同じだし(^_^;)
個人的には、第1作目のBGMを使用していたのが嬉しかったですね。
宇宙空間は孤独だと言うようなフレーズで好きです(個人的感想です)。
しかし続編はあるのでしょうか?
コヴェナント号の結末が気になりますが、その前に監督の年齢も気になります。
元気な内にあと1本、SF史に残る名作を作って欲しいですね。

新藤遥
新藤遥さん / 2017年9月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4DXはひとりじゃ怖い

平日の20時開映の4DX。観客はたった一人。

映画は刺激があって怖かった。誰もいない客席はさらに恐怖感を増したような気がします。

乗り物酔いするぐらい椅子が揺れるし、苦情レベルまで水は飛んでくるし、4DXという上映形態はかなり下品。子供だましなのがちょっとでした。

エイリアンが身体の内側から飛び出す場面ではマッサージ機のように背中がボコボコ押されます。風、フラッシュ、スモーク、雪まで降ってきました。たった一人の観客のために。

残酷な場面も多く、お化け屋敷に一人取り残された気分でした。怖かった。途中で帰ろうと本気で思ったくらい。

劇場の天使2
劇場の天使2さん / 2017年9月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

警戒心無さすぎの冒険家だな。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画としてみれば、それなりに面白いが、

それには、間抜けな宇宙飛行士の行動を乗り越える
度量の大きさが必要だな。

なんで、未知の惑星にまあ、測定値が地球に似てたからって、宇宙服もはだけて?顔だしてたり、タバコ吸ったりするの?

副官も、調査反対だつたんだから、もっと慎重に
しろ!ってアドバイスすればよかったじゃん。

あと、まず、通信は確保しろ。
ひとりにするなよ。

でっかい仏像は、誰が作ったの?
巨人星人だったの?

こういうのって、ハイテクなのを、ワザとカモフラージュで、岩の感じとか、サビてる雰囲気だしてたりするって解釈してるけど、それでいいの?
ターミネーターとかもそうだけど。

Hinotama
Hinotamaさん / 2017年9月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

エイリアンを現代作るとこうなる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

CGが上手くて本当にエイリアンがキモかったですね
あとシガニーウィーバーに勝てるヒロインはいない
そしてマイケルファスベンダー素晴らしい。一人勝ち感半端ない。

ラストいつ裏切り起こるかな〜ってみてたんですよ。そりゃ入れ替わってるだろうしね。そしたらまんまと裏切られたんですけど、このシーンがもう鳥肌で。すんごい嫌でした。すんごい。悪夢。それだけマイケルファスベンダーがうまいってことなんですけどね。次、どうなんのかなあ。

あとガイピアース少しだけだけど見れて良かったっす。あの最初のシーン、エクスマキナみたいだね。

JYARI
JYARIさん / 2017年9月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

新旧アンドロイド対決

プロメテウス号が消息を絶ってから10年後という設定みたいです。

クルーと2000人の民間人と胎芽を乗せて新天地を目指し航行中のコヴェナント号がトラブルに見舞われる場面から始まります。

船の修理中に救難信号?を拾い発信源である惑星に希望を抱き降り立つクルー達。しかしそこはエイリアンが巣食う惑星であるとは知る由もなかった…

エイリアンシリーズで欠かせないのがアンドロイドです。アンドロイドが自我や感情を持つとどういう行動を起こすかというのが今作の鍵みたいですね。

エイリアンの種類もフェイスハガー、チェストバスターに加え胞子?を吸い込んだ人体に寄生するニュータイプが出てきます。

ラストは想像がつきますが楽しめました。

前作プロメテウスを復習してから鑑賞することをお勧めします。

ピロシ
ピロシさん / 2017年9月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 単純 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いいセリフはあった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

62本目。
ある人物のセリフ。
忍耐が大事だ。
そのセリフは良かった。
個人的には1と2が好き。
シガニー・ウィーバーは闘う女として、結構好きだった。
日々是好日。

ヨッシー
ヨッシーさん / 2017年9月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

乗組員の頭の悪さがひどい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

プロメテウスの乗組員は頭が良かったですよね。彼らは『もしかしたら◯◯かも』というような想像力を持っていました。そりゃ映画がはじまってから最初に餌食になるのは間抜けキャラなのはお決まりでしょうが、今回は主人公まで間抜けでした。alienシリーズいちの知能が低い乗組員たちでした。頭がキレるからこその恐怖ミステリアスな部分がほとんどなし。最後の主人公のスリープマシンに横たわるところは、デイビッドなのかどうか判別するために、アンドロイドとの問答があっても良かったのではないでしょうか?
母船を危険に晒してまでパートナーを助けようと執着するのに現実味もなにもなくてゲンナリ。防疫面で有り得ないオンパレード。パニックになりまくる専門家と専門家。誰か1人でも冷静な人間がいたら良かったのに(アンドロイドは除く)
映像もプロメテウスほど美しくなくて残念でした。黒焦げの人間の死体がショボく見えた原因かもしれません。
あ、
プロメテウスの続きであると宣伝しないといけない映画ですね。プロメテウスを観ていない人にはすすめられません

クロ
クロさん / 2017年9月20日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

普通に面白かったのでホッとした

「プロメテウス」で失望し続編は見るまいと思ったのだけれど、やっぱ見てしまう…。不安をよそに面白かったし、酷評したプロメテウスを見たのは無駄じゃなかったなと思えたから良かったのだけれど、もう続編はやめてほしい。
今回の面白さは、普通にエイリアンらしかったからなのだろう。それでも単に焼き直しとは感じなかったのは、プロメテウスでまいた種を膨らませたからなのかもしれない、と思うとすべてを肯定的に捉えることが出来て、うまく纏まった感がある。
だからもうこれで、おしまいってことで……

SH
SHさん / 2017年9月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 単純 笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これぞ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

エイリアンはこうでなくっちゃね。

リプリーが居ないのはさみしいけど、アンドロイドとか、遺伝子操作とか。
やっぱりエイリアンは宇宙に捨てないと勝てないのね。
と思っちゃった。

ゆみこむず
ゆみこむずさん / 2017年9月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

眠い

他の人のレビューを見ると下準備をしないといけないのでしょうか?
理解できないのはお前が馬鹿だから?
単純に楽しめればいいんじゃないの?
自分の知識をひけらかす必要はあるの?
正直、何を言いたいのか分からなかったし楽しめなかった。
無理してトイレ我慢することもなかった。

tojiro
tojiroさん / 2017年9月20日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんとも・・・

プロメテウスの続編にして、エイリアンの前日譚
にしては、印象が薄かったかなぁ。
エイリアン&プロメテウスほどのインパクトは
感じられませんでした。
始まるやいなや、1作目のエイリアンを彷彿とさせる感じはありましだが。
この後の3作目にどう繋げていくのか・・・
それだけ、当時のエイリアンの恐怖感。
プロメテウスのストーリーの、濃密度が優れていたのかとも思います。

masa
masaさん / 2017年9月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

デビットこそリドリー・スコット!

小学校高学年だった夏の日、初めて1人で映画館で観たのがリドリー・スコット監督、エイリアンでした。小学生が感じた救いようの無いストーリーと自らの得体の知れね罪悪感を抱いて映画館を後にしたことを思い出しました。それから数十年、プロメテウスでの『がっかり』を胸にしまい、老いてますます、三度リドリー・スコット✖️エイリアンに会いに来ました。
今回はオープニングの『文字が微妙に線だけが表示』されるところ、コベナント号が宇宙を往く時なかかる音楽。無論コベナント号はまんまノストロモフ号まんまでした。リドリー・スコットはやっぱりエイリアンを愛しているんだなっと。
スコットとギーガーが創造した希代稀なモンスター。
突っ込めばどこまでもですが、デビットに託し、永遠に生き続けるモンスターと描きたかったのではないでしょうか。様々な一作目へのオマージュを捧げながらも、やはり今も感じる救いようのないストーリー。
でもやっぱりお腹からはあの形で出て来て欲しかったな。

AKIRA
AKIRAさん / 2017年9月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

DOLBY-ATMOSで鑑賞

エイリアンがただ居るだけのエイリアン映画。
何処へ行くのやら…?
点数無し‼️
ジェリーゴールドスミスのテーマがイイね!

おさむ
おさむさん / 2017年9月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

エイリアンに恋した監督

リドリー監督はエイリアンに恋しちゃったらしい。故に自身の傑作「エイリアン」1979年作品を超えられなかった。エイリアンの誕生秘話を作品にしてもなぁ、、、。

ころ
ころさん / 2017年9月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

148件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi