エイリアン コヴェナント : 映画評論・批評

エイリアン コヴェナント

劇場公開日 2017年9月15日
2017年9月12日更新 2017年9月15日よりTOHOシネマズ日劇ほかにてロードショー

アンドロイドと監督の残酷性が一体化した、エイリアンの原点回帰!

御歳79歳の巨匠リドリー・スコットにとって、いわゆる「2」や「3」「4」は無きに等しい。それは映画史上もっとも恐ろしいクリーチャー、エイリアンの生みの親として、第1作目の「エイリアン」(79)に対する徹底した自己言及ぶりを見れば明らかだ。およそ30年ぶりにSFジャンルに戻ってきた「プロメテウス」(12)では、「エイリアン」に登場する蹄型の宇宙船と、その中で化石化していた巨大異星人に着目し、かの禍々しき怪生物が生まれる起因を描いた。そして今回の「エイリアン:コヴェナント」で「エイリアンがなぜあのような容姿に?」という核心へと距離を縮めている。

西暦2104年。惑星オリガエ6に向かう途中の入植船コヴェナント号は予期せぬ事故に遭い、船長ほか47名の入植者を失ってしまう。残されたクルーは移住計画の見直しを図るが、その過程で「カントリー・ロード」を奏でる謎の発信音を傍受。出所を探ったところ、目的地の近くに移住可能な別の惑星を確認する。彼らはそこへ調査のため降り立つものの、現地で謎の生物の襲撃を受け、さらにはアンドロイドのデヴィッド(マイケル・ファスベンダー)と遭遇する。

画像1

デヴィッドの登場からも分かるとおり、本作は「プロメテウス」から10年を経た地続きの世界だ。しかも彼こそが、エイリアンを完成型へと導く一翼を担うのである。開巻、デヴィッドは創造主であるウェイランド社長(ガイ・ピアース)との対話を通じ、自分が人間より優れた存在であることを確信する。その彼が向かう先は、己れが創造の神となることーー。この戦慄めいた「負のサイクル」に心底スリルを覚えるには「プロメテウス」の事前観賞は必須といえよう。

また「サイクル」ということでは、本作はエイリアンの原点である「恐怖」に立ち戻り、ブルータルな地獄絵図を展開させている。クルーが血だまりに足をとられ、ネオモーフ(ゼノモーフ(成体)の前段階のエイリアン)の猛攻にさらされるシーンや、レクター博士も尻込みするようなデヴィッドの生物実験室など、内臓感満載のおぞましいイメージが観客を憂鬱な気分にさせる。後半、物語の主導権を握るダニエルズ(月亭方正似が愛らしいキャサリン・ウォーターストン)のヒロイン像も、リプリー(シガニー・ウィーバー)の鋳型と見事にマッチする。

いやぁ、それにしても これが傘寿を迎える老君の作品とは到底思えない。狂気にして荘厳、保守性など微塵もない、現代にも適合する優れたSFセンス。恐るべき創造の神は、リドリー・スコット本人に他ならないのだ!

尾崎一男

関連コンテンツ

特集

シリーズ最大の衝撃作《伝説的シリーズ集大成》創造主リドリー・スコット“自ら”再降臨!!
特集

ハリウッドを代表する大ヒット量産監督、ジェームズ・キャメロン、デビッド・フィンチャーも手掛けた伝説的ヒット・シリーズの最新作「エイリアン コヴェナント」が、9月15日より全国公開される。1979年のシリーズ第1作を手掛けた名匠リドリー...特集

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全251件)
  • リドリースコット 正直2を例外として監督が変わり3と4がかなり微妙だったので前作のプロメテウスからリドリースコットが復帰してくれて最高 あくまで個人の意見だけど前日譚ではあるが映像美、ストーリー性ともに本来のシリ... ...続きを読む

    パイパンマン パイパンマンさん  2017年11月18日 15:11  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 残念 先が読めてしまう。 ありがちな展開。 ...続きを読む

    八月猫 八月猫さん  2017年11月11日 11:39  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 旧約聖書必須?でもない。 ネタバレ! ...続きを読む

    クリス クリスさん  2017年11月6日 23:44  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ジャスティス・リーグ ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなた 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督) 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi