リリーのすべてのレビュー・感想・評価

メニュー

リリーのすべて

劇場公開日 2016年3月18日
195件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

主役の演技がすごい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

好きだけど本当の気持ちに蓋ができずにいる辛さが痛いほど染みる
隠れて女性のしぐさなどをしてる時の演技がうまい
すごく研究したんだろうね 女性より女っぽいかも
エディレットメインはすごいな
どんどん女性になっていくんだけどなんとも切ない 途中見てるのが辛くなるけど見てよかったと思うほど深い内容でした

ta-toru
ta-toruさん / 2017年11月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

仕草は女性でも男としての外見からは抜けだせない。そんなトランスジェ...

仕草は女性でも男としての外見からは抜けだせない。そんなトランスジェンダーのつらさがエディ・レッドメインの素晴らしい演技力からリアルに伝わってきた。最後までリリーを支えるゲルダにも胸打たれた。

hctcl
hctclさん / 2017年10月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しい人 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

2人の演技に感動した。
エディレッドメインは昔からファンだけど、
どうしてこんなに美しい「女性」を演じれるのか。

最初はかっこいい旦那さんで、こんな人が側にいてくれたら幸せだろうなとか思ってしまう。
でも最後の方はもう女の人にしか見えない。か弱くて、ワガママで、魅力的な「女性」。

徐々に崩れていく夫婦関係と、戸惑う妻の悲しみが切ない。一部、リリーの女性になろうとする意志が強すぎて「妻がかわいそう。リリー勝手すぎるんじゃ?」とも思ったけれど、病室で流した涙に「女性になれる喜び」と「愛する人の望む自分でいられなかった悲しみ」が詰まっていると感じた。

ぱな
ぱなさん / 2017年9月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リリーのすべて

凄く、深くて複雑な作品。
2人の気持ちを考えると
心が痛くなる。。。

ゲルダとアイナーとだから
色んな事に立ち向かえたんだろうと思う。

アイナーがちょっとずつ
男の顔から女の顔
仕草だったり
変化して行くところ。
ゲルダとのすれ違い
お互い愛し合っているからこそ、
心が痛くなる。

自分ならどうするかな?

ありんこ
ありんこさん / 2017年7月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

これが実話だなんて

予備知識なしで鑑賞しましたが、最後の最後で実話だというところを知ったら、さらに今までの物語の重さがのしかかってきました。
当時でこれというのは正直考えづらい。。。すごい話だ。

Wisy
Wisyさん / 2017年7月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

3.0

ありがちなストーリーだけど、少し感動した。

エディレッドメインの演技が光っている。むしろそれが一番の見せ場なきがする。

onaka
onakaさん / 2017年6月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アリシア・ビカンダー最高!

性同一性障害の夫(エディ・レッドメイン)を支えた妻(アリシア・ビカンダー)の実話。
デンマークの話で、夫婦ともに画家だったが、妻が夫に女装させモデルにしたことから、夫の性の違和感が表面化する。
エディ・レッドメインとアリシア・ビカンダーの演技がすべてのような作品だが、アカデミー賞助演女優賞は納得で、ひょっとしたら主演女優賞じゃないのと思ってしまった。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2017年6月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

観る価値のある実話

女性へ転身したい旦那とそれを支える奥さんのお話。

リリーを演じたエディ・レッドメインの演技にどんどん引き込まれます。
だんだんと表情や仕草、言葉づかいが女性になっていく姿に、私はすっかり奥さん目線で見ていたので、
寂しさや苛立ち、今まで不思議に思っていた部分の理解など、様々な気持ちが入り乱れました。

これが実話なので、本当に驚きます。
現代ならまだしも。
この時代で、自分の旦那さんが女性に転身していく姿を私だったらいつまで支え続けられるか…
ゲルダ・ヴィーグナーの強さと愛情の深さに感服しました。

そして、トム・フーパーの画面の捉え方が、やっぱりとても好きだなと改めて思いました。

ストパン
ストパンさん / 2017年6月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

切ない

エディさんの演技が素晴らしかった。
自分の中で徐々に大きくなる"違和感"、それに戸惑い葛藤する姿をとても丁寧に演じていた。
アイナーの表情に胸が締め付けられて、苦しかったけど、観てよかったと思える作品でした。

アイナーを支えるゲルダの愛。
人との繋がりが希薄になっている現代だからこそ、余計にゲルダの深い愛情が眩しく見えた。

gyasu0915
gyasu0915さん / 2017年6月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

生々しさが全てを物語っている

レミゼラブルの映画版で、コゼットの恋人役マリウスとして出演している人が主役…通りでエロい。

あまりに生々しい演技が私には少々過激で頂けなかったが、作り話にはない、実話でしか出せない人の運命や人生の選択などが入り乱れ、また当時のヨーロッパのセクシュアル・マイノリティーに対する世間の評価などを擬似体感するにはもってこいの作品だった。

実話としても映画としても、この手の作品は時折自分のアイデンティティーを考える上で見ておきたい題材である。

いくら
いくらさん / 2017年5月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感情の波を感じた映画

視聴:1回目
推薦:全ての人に
感想:衝撃度は今年観た中で一番かもしれない。小説では味わえない、映画だから感じるあの雰囲気を体感してほしい。何とも言えない表現しがたい映画です。リリーの一言が刺さる残酷なシーンが幾つかあり、これを受け止め続けることができるのかという問を何度も考えてました。

ほんげ
ほんげさん / 2017年5月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

呆然。

アイナーとゲルダ、それぞれの気持ちが流れ込んでくるようで、中盤以降は目を離せないけどすごくしんどかった。けど、素晴らしい映画。観れてよかった。

思ってもみなかった気持ちや考えが湧き出てきたら。受け入れるのが怖いようなその感情が大きくなっていくのを感じたら。周囲の想定や期待を満たせないと感じたら。
身近な人の精神が、これまでのその人からかけ離れて行ってしまったら?自分にはもう止められないんだって、分かってしまったら?

トランスジェンダーを描いた作品ではあったけれど、身に迫るような怖さや辛さがあった。

あとは映像がひたすら美しい。フィルム写真のよう。

shoko15
shoko15さん / 2017年5月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

目覚める事

トランスジェンダーに目覚め葛藤と苦しみの中で世界初の性別適合手術に臨むアイナーと、アイナーを最期の瞬間まで思い添い遂げるゲルダの愛の物語。

ただのラブロマンス映画だと思って観てみたら、その深いテーマに驚かされた。観賞後に史実を調べたが、少々脚色が加えられている事は残念で、特にゲルダが悲劇のヒロイン一辺倒に描かれているのはやや商業性を感じずには居られない。

そうであっても、この映画の持つテーマ性やメッセージ性は重く深い。エディ・レッドメインのトランスジェンダーに目覚める過程を描く演技は素晴らしく、それを支えるアリシア・ヴィキャンデルのアカデミー助演女優賞もうなずける。加えて映像も美しく、所々で写されるストックホルムの街並みの映像は二人が画家だからなのかどこか絵画的な構図と色彩が美しい。最近観た一枚のめぐり逢いや、日本アニメの言の葉の庭も、こうした何でもない街並みや風景を所々で挿入し、映像そのもので感情に訴えかける手法を使っており、自分が好きな作風なのだと感じた。

六畳半
六畳半さん / 2017年5月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 知的 難しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ちょっと衝撃!

本当に可哀想です。オンナに目覚めていく表情が素晴らしいかったです。

ほっしー
ほっしーさん / 2017年4月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アリシア・ビカンダーのおっぱいが見たくてレンタルしました。 見終わ...

アリシア・ビカンダーのおっぱいが見たくてレンタルしました。

見終わると、その目的は何処へやら?おっぱいが出てきた事が、どうでもよくなっていた。
そのくらい内容が素晴らしかった。

いや〜、深い。そして感動的。
アリシア・ビカンダーはイイ女性だな。あんな美人で理解ある奥さん、羨ましいなぁ〜。

サケビオース
サケビオースさん / 2017年4月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

エディの演技が素晴らしい!

男性から女性への外見や仕草、
心情の変化がよく表現されている!

リリーを支え続けた
奥さまの無償の愛に感動しました。

うさぎ
うさぎさん / 2017年4月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今日はトランスジェンダーの日

劇場で観ようと思っていたが、チャンスを失い、アマゾン・プライムで鑑賞。たまたま4/4のトランスジェンダーの日(旧オカマの日)に見終わった。自分だけかも知れないが、自由奔放に生きるアイナーに、無償の愛を送るゲルダーが可哀想だった。エディ・レッドメインの女装は、時代背景や化粧品の進化もあるとは思うが、自分の行きつけのゲイバーの方々(札幌、7丁目のママhttps://mobile.twitter.com/7_nanamama)の方がずっとキレイ。でも、そこを見る映画では無いんだよね、えー分かっていますとも。

hanataro2
hanataro2さん / 2017年4月4日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

壮絶な愛の物語 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

エディ演じるアイナー(のちにリリー)が足のモデルを頼まれた当初は嫌がっていたが、当てさせられたドレスに心が奪われていく様がキュンとさせられました。
物語の中盤までは女装をしていてもゲルダを愛する男として描かれていましたが、男でいるよりも女の(リリー)姿でいないと自分が保てずにいられない描写はリアルでした。
私が素直に感じたのは
女だから男しか恋を感じれないリリーですが、亡くなる寸前まで妻であり友人で有り続け守り続けてくれているゲルダへの愛も相当なものだったのだと感じます。
自分を愛し、愛されることを望まれるが叶えてやれることもできないが、支えて欲しく、愛し続けてくれるゲルダなしには生きられないこと、心から泣きました
手術するため1人汽車に乗るアイナーにゲルダはついていきたいと申し出ますが妻の悲しみを思うと残酷なことをさせたくないと拒否して行きますが
結局はリリー(術後)辛い時にはやはりゲルダの強い支えと支援
生涯、2人は夫婦から友人へと変わりましたが

愛は2人を強く結び終わりまでほどけることはなかったのかなと思いました。

実際にあった本当のお話ということなので、映画以上のものがそこに確かにあったのだと考えると涙が止まりません

最後まで悲しく胸に刺さりますが、これこそ最高の映画だと思えました

もも
ももさん / 2017年4月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

奥さんの苦悩に共感

私は心と体が一致している人なのでリリーの気持ちが分かりません。ただ奥さんの苦悩は想像できます。

もし自分の最愛の人が…って思うと苦しくなりますね。

主人公はリリーだけど、主に物語はマジョリティである奥さん目線で進んでいった印象です。なので同じマジョリティの私は観ていて共感ができました。

しんおすけ
しんおすけさん / 2017年3月16日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ファンタスティックビーストさえもリリーに見えてしまう。

愛の形はあまりにも自由。
時代によって偏見や決まった形を強要されることもあるけれど、自由であるべきもの。と考えさせられる。

見た時期がファンタスティックビースト公開に近かったこともあって、ファンタスティックビーストでも主人公を演じるエディ・レッドメインが、いつリリーのように内なる性に気づくのか…とファンタスティックビーストのCMを見るたびに思わされてしまうくらい、エディの名演が光る。

?
さん / 2017年3月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

195件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi