リリーのすべて : 映画評論・批評

メニュー

リリーのすべて

劇場公開日 2016年3月18日
2016年3月15日更新 2016年3月18日よりTOHOシネマズみゆき座ほかにてロードショー

トランスジェンダー映画に収まらない、リリーの「一生(すべて)」を描く物語

映画の本質を簡潔に表した邦題が素晴らしい。リリーは、デンマーク人の風景画家アイナー・ヴェイナーの心の中にあった本来の女性の人格だが、この映画は、そのリリーが生まれ、葛藤を繰り広げながら成長し、ついに肉体を獲得するまでの軌跡をたどっている。つまりリリーという女性の「一生(すべて)」を描く物語なのだ。

興味深いのは、リリーの一生の全ターニングポイントにアイナーの妻ゲルダが深く関わっていることだ。アイナーが自分の中のリリーを初めて意識したのは、肖像画家のゲルダにバレリーナの衣装を着けてポーズをとってくれと頼まれた時だった。こうしてリリー誕生のきっかけを作ったゲルダは、舞踏会にリリーの扮装で出席する遊びをアイナーに提案し、リリーの女性としての開花(この場面のリリーの鼻血は初潮を意味する)に手を貸す。さらにゲルダはリリーをモデルにした絵で画家として成功することで、リリーを社会的な存在に押し上げる。

画像1

それだけじゃない。身も心も女性になりたいと望むリリーのために、ゲルダは外科医を探し出してくる。アイナーの中のリリーを目覚めさせ、解き放ち、肉体を与えて最後まで見守る。リリーに対してゲルダが果たす母のような役まわりをクローズアップしたところが、トランスジェンダー映画に収まらない、この映画の面白さのポイントだ。

劇中のリリーとゲルダは、それぞれに苦悩する。自分の心の中で何が起きているのかがわからずに苦しむリリー。いっぽうゲルダの葛藤はより複雑だ。妻としてのゲルダは、アイナーに以前の夫に戻ってほしいと願う。しかし画家としてのゲルダには、ミューズであるリリーも必要なのだ。そのジレンマにもがきながら、リリーの最大の理解者になっていくゲルダの成長を、アリシア・ビカンダーが見事に演じている。リリー役エディ・レッドメインの計算しつくされた演技もすごいが、ビカンダーの情感溢れる演技は共感のツボを刺激する。彼女のオスカー受賞を素直に喜びたい。

矢崎由紀子

関連コンテンツ

特集

愛する人が「女性として生きたい」と願ったとき、あなたならどうしますか?アカデミー賞も魅了した「究極の無償の愛」を描く至高のラブ・ストーリー
特集

「レ・ミゼラブル」「英国王のスピーチ」のトム・フーパー監督が、若手実力派エディ・レッドメイン(「博士と彼女のセオリー」)、アリシア・ビカンダー(「コードネーム U.N.C.L.E.」)をメインキャストに、実在した夫婦の深き愛の絆を描く...特集

インタビュー

エディ・レッドメインが語る、「20世紀の最も素晴らしいラブストーリーの1つ」との出合い
インタビュー

「博士と彼女のセオリー」(2015)でオスカーを射止めたエディ・レッドメインが、ヒット作「レ・ミゼラブル」(12)のトム・フーパー監督と再タッグを組んだ。世界初の性別適合手術で女性になった実在の画家の半生に迫った「リリーのすべて」だ。...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全177件)
  • 奥さんの苦悩に共感 私は心と体が一致している人なのでリリーの気持ちが分かりません。ただ奥さんの苦悩は想像できます。 もし自分の最愛の人が…って思うと苦しくなりますね。 主人公はリリーだけど、主に物語はマジョリテ... ...続きを読む

    しんおすけ しんおすけさん  2017年3月16日 00:05  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • ファンタスティックビーストさえもリリーに見えてしまう。 愛の形はあまりにも自由。 時代によって偏見や決まった形を強要されることもあるけれど、自由であるべきもの。と考えさせられる。 見た時期がファンタスティックビースト公開に近かったこともあって、ファ... ...続きを読む

    ? さん  2017年3月11日 03:19  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • なかなかの衝撃作 ネタバレ! ...続きを読む

    JYARI JYARIさん  2017年3月9日 00:27  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • キングコング 髑髏島の巨神 キングコング 髑髏島の巨神 コングの勇姿と敵モンスターとの死闘が、怪獣映画の本質とは何かを教えてくれる。
  • ムーンライト ムーンライト 少年の成長譚から、甘酸っぱく狂おしいメロドラマへ。映画は見事な大変身を遂げる
  • はじまりへの旅 はじまりへの旅 繊細でエキセントリックな魅力を放つ、ヴィゴ・モーテンセン版「リトル・ミス・サンシャイン」
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi