リリーのすべて
ホーム > 作品情報 > 映画「リリーのすべて」
メニュー

リリーのすべて

劇場公開日 2016年3月18日

解説

「英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したトム・フーパー監督と、「博士と彼女のセオリー」でアカデミー賞の主演男優賞を手にしたエディ・レッドメインが、「レ・ミゼラブル」に続いてタッグを組み、世界で初めて性別適合手術を受けたリリー・エルベの実話を描いた伝記ドラマ。1926年、デンマーク。風景画家のアイナー・ベルナーは、肖像画家の妻ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、自身の内側に潜む女性の存在を意識する。それ以来「リリー」という名の女性として過ごす時間が増えていくアイナーは、心と身体が一致しない現実に葛藤する。ゲルダも当初はそんな夫の様子に戸惑うが、次第にリリーに対する理解を深めていく。第88回アカデミー賞で主演男優賞、助演女優賞など4部門でノミネートを受け、ゲルダを演じたアリシア・ビカンダーが助演女優賞を受賞した。

作品データ

原題 The Danish Girl
製作年 2015年
製作国 イギリス
配給 東宝東和
上映時間 120分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

受賞歴

第88回 アカデミー賞(2016年)

受賞
助演女優賞 アリシア・ビカンダー
ノミネート
主演男優賞 エディ・レッドメイン
衣装デザイン賞 パコ・デルガド
美術賞  

第73回 ゴールデングローブ賞(2016年)

ノミネート
最優秀主演男優賞(ドラマ) エディ・レッドメイン
最優秀主演女優賞(ドラマ) アリシア・ビカンダー
最優秀作曲賞 アレクサンドル・デプラ

特集

愛する人が「女性として生きたい」と願ったとき、あなたならどうしますか?アカデミー賞も魅了した「究極の無償の愛」を描く至高のラブ・ストーリー
特集

「レ・ミゼラブル」「英国王のスピーチ」のトム・フーパー監督が、若手実力派エディ・レッドメイン(「博士と彼女のセオリー」)、アリシア・ビカンダー(「コードネーム U.N.C.L.E.」)をメインキャストに、実在した夫婦の深き愛の絆を描く...特集

インタビュー

エディ・レッドメインが語る、「20世紀の最も素晴らしいラブストーリーの1つ」との出合い
インタビュー

「博士と彼女のセオリー」(2015)でオスカーを射止めたエディ・レッドメインが、ヒット作「レ・ミゼラブル」(12)のトム・フーパー監督と再タッグを組んだ。世界初の性別適合手術で女性になった実在の画家の半生に迫った「リリーのすべて」だ。...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

トランスジェンダー映画に収まらない、リリーの「一生(すべて)」を描く物語
リリーのすべての映画評論・批評

映画の本質を簡潔に表した邦題が素晴らしい。リリーは、デンマーク人の風景画家アイナー・ヴェイナーの心の中にあった本来の女性の人格だが、この映画は、そのリリーが生まれ、葛藤を繰り広げながら成長し、ついに肉体を獲得するまでの軌跡をたどってい...リリーのすべての映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全127件)
  • 変わらない気持ち ネタバレ! リリーのすべては、何度か映画の予告で目にしていた。 本作では男性アイナーが女性リリーへと変わっていく姿とそれに寄り添う妻ゲルダの姿が描かれている。 印象に残っているシーンがある。リリーが手術をす... ...続きを読む

    u uさん  2016年5月25日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 最高のラブストーリー なんといってもゲルダ。 彼女の気持ちが痛いほど分かって、でもきっと自分は彼女のようにはできない。 その強さと切なさにただただ涙が出ました。 本当の愛を知る人には泣けすぎる映画 ...続きを読む

    りえいな りえいなさん  2016年5月23日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 美しい映画 性別が変わっても変わらず愛し続けることができるのが本物なのだろうか。少なくとも今の私にはできないことだ。 衣装も風景も美しく最初から最後まで飽きることなく鑑賞できた。 妻は健康的なかわいらしさが... ...続きを読む

    muto mutoさん  2016年5月22日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「リリーのすべて」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi