ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
ホーム > 作品情報 > 映画「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」
メニュー

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

劇場公開日

解説

J・K・ローリングの世界的ベストセラーを映画化したファンタジーシリーズ第3作。ホグワーツ魔法魔術学校の3年生になるハリー。人々の噂では、囚人シリウス・ブラックがアズカバン監獄を脱獄し、ハリーの命を狙っているという。ホグワーツにはブラックを捕縛するためという名目で、アズカバンの看守たち=人間の魂を吸い取る恐ろしい吸魂鬼ディメンターたちが配備される。「闇の魔術に対する防衛術」の新たな担当教授として就任したリーマス・ルーピンらの下で、学校生活を送るハリーは、やがてブラックがかつて父の親友であったこと、そして親友である父を裏切り闇の魔法使いの手下になったことを知るが……。監督は前2作のクリス・コロンバスから、「天国の口、終りの楽園。」のメキシコ人監督アルフォンソ・キュアロンにバトンタッチ。02年に他界し、前作が遺作となったリチャード・ハリスに代わり、マイケル・ガンボンがダンブルドア校長役を演じる。

キャスト

作品データ

原題 Harry Potter and the Prisoner of Azkaban
製作年 2004年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 142分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第77回 アカデミー賞(2005年)

ノミネート
作曲賞 ジョン・ウィリアムズ
視覚効果賞  

インタビュー

(1)「今後のハリポタは?」プロデューサーは語る
インタビュー

6月26日の日本公開とほぼ時を同じくして、エマ・ワトソンとルパート・グリントが初来日。映画ももちろん大ヒットしているシリーズ第3作目「アズカバンの囚人」。eiga.com編集部は、子役2人とともに来日し、1作目からシリーズを通してプロ...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

子役だけでなく“映画”もヤング・アダルトに成長
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人の映画評論・批評

映画版「ハリポタ」シリーズも、3作目に突入。起承転結でいえば「転」にあたり(実際は7部作だけど)、いろんな面でこれまでのクリス・コロンバス監督作品のテイストとはガラリと変わっている。そのさまざまな変化を簡潔にいえば“ダーク”になったと...ハリー・ポッターとアズカバンの囚人の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全16件)
  • シリーズ大変革! シリーズ3作目。 原作からカットが多くなり始めたのは本作辺りから。 原作では本作の方が長いのに、映画では前作の方が長いという珍現象。 不満点も勿論あるが、それを踏まえても本作の出来は上々。 要所... ...続きを読む

    近大 近大さん  2016年11月8日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 映画を通じて登場人物と一緒に成長している気がする。原作を裏切らない... 映画を通じて登場人物と一緒に成長している気がする。原作を裏切らないストーリー展開。 ...続きを読む

    hctc hctcさん  2016年2月26日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • みなさんスクスクと育ってます すっかり大人の趣を備えたみなさんのご活躍。見た目と学校の雰囲気はすっかりハイスクールな感じで、マルフォイは不良というより、スネ夫のようなキャラでした。 叔父の家でのハリーの態度がすっかり大きくな... ...続きを読む

    スマロー スマローさん  2015年11月21日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi