ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 インタビュー: (1)「今後のハリポタは?」プロデューサーは語る

ホーム > 作品情報 > 映画「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」 > インタビュー > (1)「今後のハリポタは?」プロデューサーは語る
メニュー

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

劇場公開日 2004年6月26日
2004年7月1日更新

6月26日の日本公開とほぼ時を同じくして、エマ・ワトソンルパート・グリントが初来日。映画ももちろん大ヒットしているシリーズ第3作目「アズカバンの囚人」。eiga.com編集部は、子役2人とともに来日し、1作目からシリーズを通してプロデューサーを務めるデビッド・ハイマンにインタビュー。監督、キャスト、撮影中の4作目やその後に続く5作目など、気になる事実が明らかに!?

「今後のハリポタは?」プロデューサーは語る

(編集部)

■3、4作目における監督交代劇の真相

来日したプロデューサーのデビッド・ハイマン 来日したプロデューサーの
デビッド・ハイマン

前2作ではクリス・コロンバスが監督し、3作目でアルフォンソ・キュアロンに交代したが、4作目ではまた監督が変更。シリーズを通しての統一感が失われてしまうのではとの懸念もあるが、この監督交代の理由をデビッド・ハイマンは以下のように語った(以下、本文中の発言はハイマン氏によるもの)。

「私はアルフォンソがとても気に入っていて、4作目も是非彼にやってほしかった。しかし、このような大作は製作に膨大な時間と労力を費やし、すぐに消耗してしまう。アルフォンソも、クリスと同じ理由で監督続投を断られてしまったんだ」

クリス・コロンバスは「家族と過ごす時間がほしい」ということで降板した。4作目で監督が変わるのも、実は“断られた”からだった。製作サイドはクリス・コロンバスよりアルフォンソ・キュアロンがお気に入りの様子だが、1年から1年半のペースでこの大作を作り続けるには、ひとりの監督ではあまりに負担が大きすぎるというのが現実だ。

■4作目はなんでマイク・ニューウェル監督?

「アズカバンの囚人」を監督したアルフォンソ・キュアロン(左) 「アズカバンの囚人」を監督した
アルフォンソ・キュアロン(左)

アルフォンソ・キュアロンといえば、スキャンダラスでありながらもビビッドな青春映画として高評価を得た「天国の口、終りの楽園。」を監督したばかりで、少年期に差し掛かったハリーの苦悩を刺激的に描く「アズカバンの囚人」の監督として適役だったといえよう。しかし、マイク・ニューウェル監督といえば、良質な作品は多いが、最近はあまりパッとしない感じもするが……。

「彼を起用した理由は主に2つあるんだ。まずは、イギリス人であるということ。そして4作目の『炎のゴブレット』は、これまで同様にスリリングな展開がありながらも、少年少女が互いを意識しはじめ、同時にユーモアにも溢れている。マイク・ニューウェルは『フォー・ウェディング』という優れたコメディを撮っているし、『フェイク』のようなサスペンスフルで深いドラマも撮れるから彼を起用した。子役たちにもいい刺激を与えられると思うよ」

キャストは全てイギリス人にこだわってきた「ハリポタ」だが、監督はこれまでアメリカ人とメキシコ人。そこまでこだわりはないのかと思いきや、やはり一度はイギリス人でやってみたかったということもあるようだ。果たしてその結果は?

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

子役だけでなく“映画”もヤング・アダルトに成長
映画評論

映画版「ハリポタ」シリーズも、3作目に突入。起承転結でいえば「転」にあたり(実際は7部作だけど)、いろんな面でこれまでのクリス・コロンバス監督作品のテイストとはガラリと変わっている。そのさまざまな変化を簡潔にいえば“ダーク”になったと...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全19件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 帝一の國 菅田将暉&野村周平&間宮祥太朗が振り返る「帝一の國」で大暴れした日々
  • インタビュー 無限の住人 木村拓哉&三池崇史監督「無限の住人」で示した“万次道” 飽くなき追求は次のステージへ
  • インタビュー 3月のライオン 後編 神木隆之介&染谷将太、演じることが“存在証明” ハマリ役に出合った「3月のライオン」
インタビューの一覧を見る
Jobnavi