ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
ホーム > 作品情報 > 映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」
メニュー

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

劇場公開日

解説

世界的人気を誇る大ヒットファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズ完結から5年を経て、新たに送りだされるシリーズの第1作。原作者J・K・ローリングが自ら脚本を手がけ、実際に発売もされたホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書「幻の動物とその生息地」の編纂者である魔法動物学者ニュート・スキャマンダーが繰り広げる大冒険を描く。未知の幻獣を求めて世界中を周り、ニューヨークにたどり着いたニュート。ところが、魔法のトランクに詰め込んでいた魔法生物たちが逃げ出してしまい、魔法生物を禁じているアメリカ合衆国魔法議会のお尋ね者になってしまう。さらに、魔法の根絶を目論む秘密結社・新セーレム救世軍の暗躍で、事態は思わぬ方向へ転がっていく。主人公ニュートを「博士と彼女のセオリー」のオスカー俳優エディ・レッドメインが演じ、ヒロイン役には「インヒアレント・ヴァイス」のキャサリン・ウォーターストンを起用。共演にもコリン・ファレル、エズラ・ミラー、サマンサ・モートンら豪華キャストが揃う。「ハリー・ポッター」シリーズ5作目から監督を務めてきたデビッド・イェーツがメガホンをとる。

作品データ

原題 Fantastic Beasts and Where to Find Them
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 133分
映倫区分 G
上映方式 2D/3D
オフィシャルサイト  

受賞歴

第89回 アカデミー賞(2017年)

受賞
衣装デザイン賞 コリーン・アトウッド
ノミネート
美術賞  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

J・K・ローリングの描く新世界は驚きと優しさに満ち、一瞬も飽きさせない!
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の映画評論・批評

出会いと別れは世の定めと言われるが、名優アラン・リックマンの逝った今年、新たな魔法の物語がこうして幕を開けるのもまさに運命なのだろう。今回の舞台は90年前のアメリカ。ハリーもスネイプも生まれていないが確実に連続性のあるその世界で、一人...ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全522件)
  • 新シリーズのテーマは"魔法"そのもの!? 世界中の夢見たがり屋たちを夢中にさせた「ハリー・ポッター」シリーズが、魔法使いとして生まれた少年、ハリーの成長記だとしたら、原作者のJ.K.ローリングが初めて映画のために執筆した待望の新シリーズ... ...続きを読む

    MP MPさん  2016年11月14日  評価:4.0
    このレビューに共感した/19
  • ピカイチイマイチ 主演の演技はピカイチだったが、ストーリー展開がイマイチ。 ハリポタほどのハラハラ感もなかった。 ...続きを読む

    スケベニンゲン スケベニンゲンさん  2017年3月18日  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • 今後の展開が楽しみになる作品 ネタバレ! 私は「ハリー・ポッター」シリーズのファンです。その「ハリー・ポッター」の世界における、過去の時系列を舞台とした新シリーズの第1弾がこの作品。その名も「ファンタスティック・ビースト」シリーズで、旧... ...続きを読む

    レイトショー万歳! レイトショー万歳!さん  2017年3月17日  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

「ハリー・ポッター」シリーズ関連作品

他のユーザーは「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi