国内映画ランキング : 2018年7月14日~2018年7月15日

映画ランキング : 2018年7月17日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2018年7月14日~2018年7月15日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

公開館数

上映週

1 ジュラシック・ワールド 炎の王国 371 1
2 劇場版ポケットモンスター みんなの物語 364 1
3 1 ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー 363 3
4 2 万引き家族 328 6
5 4 空飛ぶタイヤ

空飛ぶタイヤ

配給:松竹

330 5
6 3 虹色デイズ

虹色デイズ

配給:松竹

317 2
7 5 それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星

それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星

配給:東京テアトル

208 3
8 8 名探偵コナン ゼロの執行人 360 14
9 6 50回目のファーストキス

50回目のファーストキス

配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

321 7
10 7 パンク侍、斬られて候

パンク侍、斬られて候

配給:東映

324 3

※ファーストラン時点、映画.com調べ

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」が前作超えでV、「ポケモン」は2位スタート

7月14日~15日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。全国的に猛暑となったこの週末は、夏休みの期待作が2本公開され、いずれも上位にランクインした。首位は「ジュラシック・ワールド 炎の王国」が獲得。13日より全国1002スクリーンで公開され、土日2日間で動員83万3190人、興収12億1654万円をあげた。これはシリーズ14年ぶりの新作として15年8月に公開され、最終興収95.3億円を記録した前作「ジュラシック・ワールド」の興収比144.1%の成績。

さらに13日から16日までの公開4日間では動員145万3273人、興収21億0677万円を稼ぎ、前作では公開7日目に達成した興収20億円突破をこの連休で突破する快挙を成し遂げた。ファミリー層を中心に幅広い層を動員し、前作と同じくMX4D、4DX、IMAX版も満席の映画館が続出。100億円超えが期待できる大ヒットスタートを切った。

「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」は2位スタート。人気アニメ「ポケモン」シリーズの劇場版第21作目となる。13日より全国373スクリーンで公開され、土日2日間で動員44万人、興収5億円をあげた。これは昨年同時期に公開され、最終興収35.5億円を記録した第20作「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」の興収比96.9%の成績。公開4日間では動員73万人、興収8億3000万円を超えており、前作を上回ることが出来るか注目される。

2週連続首位だった「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」は3位に後退。週末2日間で動員12万8000人、興収1億7000万円をあげ、16日までの累計動員は122万人、興収は16億9000万円を突破した。4位「万引き家族」は、週末2日間で動員10万3000人、興収1億3000万円をあげ、累計動員は317万人、興収は38億円を超えている。

なお、5位「空飛ぶタイヤ」は累計興収が15億円、9位「50回目のファーストキス」は12億円をそれぞれ突破。公開14週目に突入した「名探偵コナン ゼロの執行人」は8位をキープし、累計興収は85億8000万円を突破、夏休みも引き続き稼ぎそうだ。

2018年7月17日更新 和田隆

過去のランキング