エディ・レッドメイン、ルッソ兄弟製作のケンブリッジ・アナリティカ事件映画化に出演交渉中

2021年7月13日 11:00

エディ・レッドメイン
エディ・レッドメイン

キャプテン・アメリカ」シリーズ、「アベンジャーズ」シリーズのアンソニージョー・ルッソ兄弟が製作するタイトル未定の新作に、エディ・レッドメインが主演で出演交渉中のようだ。

本作は、英データ分析会社ケンブリッジ・アナリティカがFacebookの個人情報を不正収集していた事件を映画化するもので、米Wrapによれば、アカデミー賞作品賞受賞作「グリーンブック」のピーター・ファレリー監督がメガホンを検討している。

ケンブリッジ・アナリティカは、2016年の米大統領選挙やブレグジットを問う英国民投票において有権者の票を誘導するために、Facebookの個人情報8700万人分を不正に取得していた。この事実は、同社のデータアナリストだったピンクヘアのカナダ人青年クリストファー・ワイリーの内部告発で明るみになった。映画はワイリーを中心に描くようで、英ジャーナリストのキャロル・キャッドウォラダーが執筆した記事をもとに、「アベンジャーズ エンドゲーム」の脚本家コンビであるクリストファー・マルクススティーブン・マクフィーリーが脚本を執筆。レッドメインは、ワイリー役を演じると見られている。

博士と彼女のセオリー」でアカデミー賞主演男優賞を受賞したレッドメインは、主演シリーズ第3作「ファンタスティック・ビースト3(仮題)」が2022年7月15日に全米公開の予定。ファレリー監督は、ラッセル・クロウザック・エフロンが主演する新作「The Greatest Beer Run Ever(原題)」が間もなくクランクインする。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
グリーンブック(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース