線路に舌を固定し宙吊りに…新たな猟奇犯が仕掛けるゲーム 「ソウ」シリーズ最新作「スパイラル」予告編

2021年7月6日 09:00

不気味な存在感を放つ謎の渦巻
不気味な存在感を放つ謎の渦巻

スリラー映画「ソウ」シリーズの最新作「スパイラル ソウ オールリセット」の予告編とポスタービジュアルが公開された。

第1作「ソウ」誕生から17年。過去8作をアップデート&リセットし、完全なる新章となる今作は、過去シリーズと関係する登場人物は一新され、ジグソウの後継者を巡る物語をリセット。全く新しい“ジグソウを凌駕する猟奇犯”が現れる。地下鉄の線路上に、舌を固定された宙吊りの男。そこへ猛スピードの電車が轟音を立てて迫る……。それは猟奇犯が仕掛けた、新たなゲームの始まりだった。ターゲットは全て警察官。不気味な渦巻模様と青い箱が、捜査にあたるジークと相棒ウィリアムを挑発する。やがて、伝説的刑事でありジークの父・マーカスまでもが姿を消し、追い詰められていくジーク。ゲームは追うほどに過激さを増し、戦慄のクライマックスが待ち受ける。

主演、製作総指揮は“ソウフリーク”として知られるクリス・ロック、怪優サミュエル・L・ジャクソンも参戦。監督を務めるのはダーレン・リン・バウズマン。「ソウ2」「ソウ3」「ソウ4」の監督を務め、ジェームズ・ワンリー・ワネルが創造した「ソウ」の世界観を拡張した“シリーズ育ての親”が、再びシリーズの再構築に挑んでいる。全米ではおよそ1年の公開延期を経て、5月12日に公開。コロナ禍にも関わらず、映画館のみで上映した結果初登場2週連続1位を獲得した。

予告編は、主人公・バンクス刑事(ロック)が勤務する警察署宛に届いた、謎の青い小包からストーリーが展開する。小包を開封すると、“遊ぼう”と書かれたUSBメモリが入っており、中身を調べると、血の色で描かれた“スパイラル(渦巻き)”模様が映し出される。変声機で加工された「仲間の刑事の居場所を?」の声が聞こえると、ブタのマスクを被った人物が一瞬の内に同僚刑事を拉致、凄惨なゲームが始まる瞬間が映し出され、不穏な渦巻き模様に絡めとられるような不気味な映像だ。9月10日全国公開。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
スパイラル:ソウ オールリセット(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン