【国内映画ランキング】「ゴジラvsコング」が初登場1位!「劇場版 七つの大罪」が3位に初登場

2021年7月6日 10:00

「ゴジラvsコング」
「ゴジラvsコング」

7月3~4日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。今週は、「ゴジラvsコング」(東宝)が、土日2日間で動員29万3000人、興収4億6400万円をあげ初登場1位となった。

初日から3日間の累計では動員39万人、興収6億円を突破する好スタート。男性客が7割以上だが、前作を上回る比率の女性も集客した。ワーナー・ブラザースとレジェンダリー・ピクチャーズ、東宝が提携し、「GODZILLA ゴジラ」より展開してきたハリウッド版ゴジラシリーズと、「キングコング:髑髏島の巨神」の世界観がクロスオーバーする「モンスター・ヴァース」シリーズの第4弾。出演はアレクサンダー・スカルスガルドミリー・ボビー・ブラウンレベッカ・ホールの他、小栗旬がハリウッド作品初出演を果たした。監督は「サプライズ」「ブレア・ウィッチ」等ホラー/サスペンス作品を手掛けてきたアダム・ウィンガード

ザ・ファブル 殺さない殺し屋」(松竹)は、土日2日間で動員8万9000人、興収1億2700万円をあげ2位にランクイン。累計では動員71万人を突破、興収は間もなく10億円に達する。3位は大人気コミックの劇場版アニメ「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」(東映)が初登場。初日から3日間の累計では動員9万8000人、興収1億2200万円となっている。原作者・鈴木央の描き下ろしたTVアニメから続く“最終章のその先”を描いた完全新作オリジナルストーリーで、梶裕貴雨宮天久野美咲らお馴染みのメンバーが総出演。監督は「図書館戦争 革命のつばさ」やTVアニメ「テニスの王子様」などを手掛けてきた浜名孝行

既存作品では4位の「るろうに剣心 最終章 The Beginning」(ワーナー)が累計で動員141万人、興収20億円、5位の「キャラクター」(東宝)が動員81万人、興収11億円を突破した。6位の「シン・エヴァンゲリオン劇場版」(東宝/東映/カラー)は累計で動員639万人、興収97億円を突破し、歴代興収ランキング39位。8位の「名探偵コナン 緋色の弾丸」(東宝)は累計で動員519万人、興収72億円を突破し、歴代興収ランキング89位となっている。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン