リーアム・ニーソン、新作で探偵フィリップ・マーロウ役に

2021年6月14日 11:00

フィリップ・マーロウに
フィリップ・マーロウに

リーアム・ニーソンが、アメリカを代表するハードボイルド作家レイモンド・チャンドラーが生み出したキャラクター、フィリップ・マーロウを題材にした映画「マーロウ(原題)」で主演を務めることが明らかになった。

「マーロウ(原題)」は、ブッカー賞受賞の英作家ジョン・バンビルがベンジャミン・ブラック名義で発表した「黒い瞳のブロンド」の映画化。1950年代を舞台に、私立探偵のマーロウが美女の依頼を受けて元恋人探しをはじめたことから、事件に巻き込まれていくというストーリー。チャンドラーの「ロング・グッドバイ」の公認続編となっている。

映画版の脚本は、「ディパーテッド」のウィリアム・モナハンが執筆し、ニール・ジョーダン監督(「グレタ GRETA」)がメガホンをとる。クランクインは2021年10月の予定で、カンヌ・フィルム・マーケットにおいてセールスが行われる。

マーロウ役といえば、これまでハンフリー・ボガート(「三つ数えろ」)をはじめ、ジェームズ・ガーナー(「かわいい女(1969)」)、ロバート・ミッチャム(「大いなる眠り」)、ジェームズ・カーン(「マーロウ 最後の依頼」)などの名優が演じたことで知られている。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
グレタ GRETA(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン