「HiHi Jets」作間龍斗「ひらいて」で映画初出演 山田杏奈&芋生悠と歪んだ三角関係に

2021年4月19日 06:00

画像1

山田杏奈が主演を務め、芥川賞作家・綿矢りさ氏の小説を映画化する「ひらいて」に、ジャニーズJr.の人気ユニット「HiHi Jets」の作間龍斗、芋生悠板谷由夏田中美佐子萩原聖人らが出演していることがわかった。作間は本作で、映画初出演を果たす。

原作小説「ひらいて」は、高校生による禁断の三角関係を通して、人間の根源的な愛を問う、文芸少女のバイブルとなった作品。恐れを知らない女子高生の熱い恋心が、勢いあまり、意中の彼の恋人にまで向けられるという、エキセントリックでありながらも切実な純愛を描き出している。映画版では、「なっちゃんはまだ新宿」「21世紀の女の子」で知られる、26歳の首藤凜が監督と脚本を担う。

高校3年生の木村愛(山田)は成績優秀で明るく、校内の人気者。そんな彼女は、同じクラスの「たとえ」に片思いをしている。クラスでも目立たない地味なタイプだが、寡黙さのなかに潜む聡明さ、どことなく謎めいた影を持つ「たとえ」に、愛は高1の時からずっと惹かれていた。ある日、愛は「たとえ」が、誰かからの手紙を大事そうに読んでいる姿を偶然見かけ、夜の学校に忍びこみ、手紙を盗んでしまう。手紙の差出人は、糖尿病の持病を抱える陰気な少女・新藤美雪。愛は初めて、ふたりが密かに交際していることを知る。やがて、自らの気持ちを隠して美雪に近づいていく愛。そこから愛と美雪、「たとえ」の絡み合った三角関係が始まり、事態は思いもよらない方向へと進んでいく。

ドラマ「DIVE!!」が放送中の作間は、クラスになじめない少年・西村たとえを演じる。「ソワレ」で注目を浴びた芋生は、たとえの秘密の恋人・新藤美雪役。愛とは正反対で、はかなく守りたくなるような魅力をまとった少女を体現する。さらに愛の担任・岡野屋役の山本浩司、国語教諭・藤谷役の河井青葉、養護教諭・守屋役の木下あかりが共演。板谷が愛の歪んだ感情に気付かない盲目な母・頼子、田中が美雪の母で、娘を愛情いっぱいに育てる泉、萩原がたとえの父で、抑圧的で暴力的な崇に扮する。

ひらいて」は、今秋に全国公開。作間と芋生のコメントは以下の通り。


【作間龍斗】
 西村たとえ役を演じさせていただきました、「HiHi Jets」の作間龍斗です。この映画への出演のお話をいただいたとき、率直に驚きました。そして同時に、この役を演じ切ることが出来るのか、不安でした。しかし、素敵なキャストの皆さん、暖かいスタッフの皆さんに支えていただいたおかげで、撮影を乗り越えることが出来ました。僕は、「ひらいて」という作品が大好きです。学生時代特有の、自分が日に日に変わっていくような感覚。自分の人生ではありえないような話なのに、どこか共感できる。これがたとえを演じていてとても快感でした。皆さんにこの作品を見てもらう事が楽しみです。

芋生悠
 新藤美雪役の芋生悠です。長く続く夜から覚めたような日々でした。あの苦しみに揺らぐ姿を抱きしめることが定めだったような気がしています。あなたを、彼女を、私はこれからも愛しています。監督キャストスタッフ全ての総力を結集して届けられたらと思います。待っていてください。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース