エイミー・アダムス主演スリラー、5月14日配信&予告完成 G・オールドマン、J・ムーア共演

2021年4月10日 10:00

“広場恐怖症”を抱えた心理学者が恐ろしい事件を目撃する――
“広場恐怖症”を抱えた心理学者が恐ろしい事件を目撃する――

女優のエイミー・アダムスが主演し、ゲイリー・オールドマンジュリアン・ムーアが共演するスリラー「ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ」が、5月14日にNetflixで配信されることが決定した。メガホンをとったのは、「つぐない」「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」のジョー・ライト監督。あわせて、予告編(http://youtu.be/S_vr8lFBZPc)もお披露目された。

本作は、作家A・J・フィンの同名ベストセラー小説を映画化したもの。アダムスは、家の外に出ることを極端に怖がる“広場恐怖症”を抱え、引きこもって暮らす心理学者のアナを演じる。アナはある日、向かいの家に引っ越してきたジェーン(ムーア)と知り合い、その生活の様子をのぞき見るようになる。ある夜、アナはジェーンが刺されるところを目撃し、警察に通報。しかし、ジェーンの夫アリスター(オールドマン)は何も起きていないと主張し、さらにはジェーンを名乗る別の女性も現れ、事態は混乱を極めていく。

予告編は、疑心暗鬼に陥り、焦燥と不安に苛まれていくアナを映す。彼女だけが目撃した恐ろしい事件は、本当に起きた現実なのか、それとも彼女が作り出した幻覚なのか――。現実と幻覚が入り混じり、不可解で衝撃的なカットが連続する、背筋が凍るような映像に仕上がった。

アダムスは「闇と秘密を抱えて葛藤する、というアナのキャラクターに興味を持ちました。ライト監督のことも大好きで、前々から一緒に仕事をしたかったので、すごくワクワクしたし、作品のテーマにもものすごく惹かれるものを感じました」と述懐。ムーアは、初共演となったアダムスについて、「私は彼女のファンだったので、共演のチャンスに飛びつきました。彼女は傑出した役者だし、人柄も素敵。彼女と仕事ができることにスリルを感じました」と賛辞をおくる。ライト監督は、「本作のテーマは“恐怖心の本質”と、“どのようにして人間が自らその恐怖心を作ってしまうか”なのです」と意味深なコメントを寄せた。

ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ」には、ほかアンソニー・マッキーワイアット・ラッセルブライアン・タイリー・ヘンリーフレッド・ヘッキンジャーらも出演。5月14日にNetflixで全世界独占配信される。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男 (字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン