キアヌ・リーブスいい人伝説 「ビルとテッド」脚本家が感動したエピソード

2020年12月18日 11:30

やっぱりいい人!
やっぱりいい人!

マトリックス」「ジョン・ウィック」シリーズなどで知られるキアヌ・リーブスといえば、ハリウッドスターのイメージを覆すかのような私生活での人柄の良さも常に話題になってきた。今日から公開を迎えた新作「ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!」の脚本家エド・ソロモンも、キアヌの新たな“いい人”エピソードを披露している。

本作では、ロックバンド“ワイルド・スタリオンズ”として活動するビルとテッドのもとに、人類滅亡まで残り77分という未来の使者からのメッセージが届く。ビルとテッド、そして彼らの娘たちは「世界を救う音楽」を完成させるため、伝説のミュージシャンたちを集めて歴史上最強のバンドを結成しようと時空を駆けめぐる。

撮影中の出来事を振り返ったソロモンは「最も印象に残っているのは、ルイジアナの小さな町(撮影場所)にハリケーンが直撃した時のことだ。僕たちは身動きが取れず、ハリケーンが去るのを待つしかなかった。ちょうどその時、町で『ジョン・ウィック パラベラム』を上映してて、キアヌは何とスタッフ全員を午後1時の回に招待してくれたんだ。さらにその後、アレックスがみんなにランチを奢ってくれた」と、実生活でも親友である2人から粋な計らいがあったそう。

公開中
公開中

さらに、「これはまだ誰にも話していないんだけど、撮影中とても感動したエピソードがある」と前置きしたソロモンは、「キアヌが車椅子に乗った男性と話してて、『ジョン・ウィック』の撮影時に撮った写真を(キアヌの)携帯で見せながら、1時間もかけて視覚効果のシーンがどのように撮影されているのか説明していたのさ」と明かした。

29年ぶりのシリーズ新作となった本作には、キアヌとアレックスのアイデアも反映されているそうで、2008年からもう一人の脚本家クリス・マシスンも含め、何度も話し合いを重ねてきた。ソロモンは「脚本を書き直す度に彼らに読んでもらい、アイデアをもらっていたんだ。この共同作業は、撮影時だけでなく編集や配給まで続いた。それだけ2人はこの映画に深く関わっている。キアヌとアレックスと僕らは親友であり、パートナーでもあるんだ」と、結びつきの強さを語った。

画像3

仕事には熱心に、カメラの裏では誰に対しても親切なキアヌ。最後に、その人柄がより伝わる印象的な事件を抜粋して紹介する。

○ハリウッドの道端で、ホームレスの男性と一緒にタバコを吸ったり、酒を回し飲みしたりする陽気な様子がパパラッチされる(1997年)。

○めちゃくちゃ倹約家で、かつてはボロボロになった靴をガムテープでぐるぐる巻きにして履いていた。

○でも「マトリックス」3部作では、スタントチーム全員にハーレー・ダビッドソンのバイクをプレゼントした。出すべきところには出す男。

○主演した映画の打ち上げのためにニューヨークのクラブへ行くも、キアヌ本人だと気づかれず入れてもらえなかった。で、怒りもせず20分間、雨の中じっと待っていた。なんで?

○地下鉄で移動することがしばしば。ある日、大きなカバンを持っていた女性に声をかけ、手際よく席を譲る姿が目撃された。

○バイクで移動中、車が故障し途方に暮れていた女性に遭遇したキアヌ。車を押して助けてあげたが、その後が驚き。女性は駆け出しのころのオクタビア・スペンサーだった。恩を忘れない彼女は、キアヌの映画が公開された時には、公開された週末に劇場に見に行くそう。

○ラーメンと千葉真一の大ファン。千葉と初対面した際には「Oh my god! Oh my god!」とはしゃぎちらかした。

シネマ映画.comで今すぐ見る

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 相葉雅紀、TBSドラマ初主演! 石井ふく子プロデューサーの新作は“故・橋田壽賀子さんに捧げる物語”

    1

    相葉雅紀、TBSドラマ初主演! 石井ふく子プロデューサーの新作は“故・橋田壽賀子さんに捧げる物語”

    2023年1月29日 04:00
  2. 「久保さんは僕を許さない」7話以降が放送延期 4月に1話からあらためて放送

    2

    「久保さんは僕を許さない」7話以降が放送延期 4月に1話からあらためて放送

    2023年1月29日 06:00
  3. 【「イニシェリン島の精霊」評論】友情の終焉をめぐる予測不能のドラマに、静かな陶酔と衝撃が身を貫く

    3

    【「イニシェリン島の精霊」評論】友情の終焉をめぐる予測不能のドラマに、静かな陶酔と衝撃が身を貫く

    2023年1月29日 14:00
  4. フランスのアカデミー賞、セザール賞ノミネート発表 DVやハラスメント疑惑の俳優、監督作が候補除外【パリ発コラム】

    4

    フランスのアカデミー賞、セザール賞ノミネート発表 DVやハラスメント疑惑の俳優、監督作が候補除外【パリ発コラム】

    2023年1月29日 10:00
  5. リブート版「ゴシップガール」シーズン2でキャンセル

    5

    リブート版「ゴシップガール」シーズン2でキャンセル

    2023年1月29日 16:00

今週