「ノマドランド」がボストン映画批評家協会賞で作品賞ほか最多3冠

2020年12月15日 17:00


「ノマドランド」
「ノマドランド」

第41回ボストン映画批評家協会賞の受賞結果が12月13日(現地時間)に発表され、クロエ・ジャオ監督の「ノマドランド」が作品賞、監督賞、撮影賞(ジョシュア・ジェームズ・リチャーズ)の最多3冠を獲得した。

同作は、「スリー・ビルボード」のオスカー女優フランシス・マクドーマンドが主演し、アメリカ西部の路上に暮らす車上生活者たちの生き様を、大自然の映像美とともに描いたロードムービー。第77回ベネチア国際映画祭の金獅子賞、第45回トロント国際映画祭の最高賞である観客賞に輝くなど、2020年の賞レースをけん引する存在だ。

主演男優賞は、「The Father(原題)」で認知症の主人公を演じたアンソニー・ホプキンスが獲得。主演女優賞は、第70回ベルリン国際映画祭で審査員グランプリを受賞した「Never Rarely Sometimes Always(原題)」(エリザ・ヒットマン監督)で、望まない妊娠に悩む少女に扮した21歳のシドニー・フラニガンが受賞した。そのほか、「サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ」のポール・レイシーが助演男優賞、「Minari(原題)」のユン・ヨジョンが助演女優賞を受賞した。
第41回ボストン映画批評家協会賞の受賞結果は以下の通り。

▼作品賞 「ノマドランド

▼主演男優賞 アンソニー・ホプキンス「The Father(原題)」

▼主演女優賞 シドニー・フラニガン「Never Rarely Sometimes Always(原題)」

▼助演男優賞 ポール・レイシーサウンド・オブ・メタル 聞こえるということ

▼助演女優賞 ユン・ヨジョン「Minari(原題)」

▼監督賞 クロエ・ジャオノマドランド

▼脚本賞 チャーリー・カウフマンもう終わりにしよう。

▼撮影賞 ジョシュア・ジェームズ・リチャーズノマドランド

▼外国語映画賞 「ラ・ヨローナ 彷徨う女

▼ドキュメンタリー賞 「Collective(原題)」

▼アニメーション映画賞 「The Wolf House(原題)」

▼編集賞 ロバート・フレイゼンもう終わりにしよう。

▼新人監督賞 フロリアン・ゼレール「The Father(原題)」

▼アンサンブル・キャスト賞 「マ・レイニーのブラックボトム

▼音楽賞 エミール・モセリ「Minari(原題)」

ディズニープラス
ノマドランド
をディズニープラスで今すぐ見る

PR

©2024 Disney and its related entities

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 実際にあった34歳女性と12歳少年との衝撃スキャンダル メイ・ディセンバー事件を解説

    1

    実際にあった34歳女性と12歳少年との衝撃スキャンダル メイ・ディセンバー事件を解説

    2024年6月21日 11:00
  2. 「ワイルド・スピード スーパーコンボ」7月6日に地上波初放送!

    2

    「ワイルド・スピード スーパーコンボ」7月6日に地上波初放送!

    2024年6月21日 07:00
  3. トム・クルーズ主演「M:i:III」金曜ロードショーで今夜放送! あらすじ・キャストまとめ&J・J・エイブラムス監督のインタビューも紹介

    3

    トム・クルーズ主演「M:i:III」金曜ロードショーで今夜放送! あらすじ・キャストまとめ&J・J・エイブラムス監督のインタビューも紹介

    2024年6月21日 21:00
  4. 石井裕也監督&脚本、池松壮亮主演で平野啓一郎「本心」映画化 “自由死”を選んだ母をAIで蘇らせるヒューマンミステリー

    4

    石井裕也監督&脚本、池松壮亮主演で平野啓一郎「本心」映画化 “自由死”を選んだ母をAIで蘇らせるヒューマンミステリー

    2024年6月21日 08:00
  5. 【インタビュー】杉咲花、心の機微を手繰り寄せながら突き進む俳優道

    5

    【インタビュー】杉咲花、心の機微を手繰り寄せながら突き進む俳優道

    2024年6月21日 13:00

今週