「ノマドランド」がボストン映画批評家協会賞で作品賞ほか最多3冠

2020年12月15日 17:00

「ノマドランド」
「ノマドランド」

第41回ボストン映画批評家協会賞の受賞結果が12月13日(現地時間)に発表され、クロエ・ジャオ監督の「ノマドランド」が作品賞、監督賞、撮影賞(ジョシュア・ジェームズ・リチャーズ)の最多3冠を獲得した。

同作は、「スリー・ビルボード」のオスカー女優フランシス・マクドーマンドが主演し、アメリカ西部の路上に暮らす車上生活者たちの生き様を、大自然の映像美とともに描いたロードムービー。第77回ベネチア国際映画祭の金獅子賞、第45回トロント国際映画祭の最高賞である観客賞に輝くなど、2020年の賞レースをけん引する存在だ。

主演男優賞は、「The Father(原題)」で認知症の主人公を演じたアンソニー・ホプキンスが獲得。主演女優賞は、第70回ベルリン国際映画祭で審査員グランプリを受賞した「Never Rarely Sometimes Always(原題)」(エリザ・ヒットマン監督)で、望まない妊娠に悩む少女に扮した21歳のシドニー・フラニガンが受賞した。そのほか、「サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ」のポール・レイシーが助演男優賞、「Minari(原題)」のユン・ヨジョンが助演女優賞を受賞した。
第41回ボストン映画批評家協会賞の受賞結果は以下の通り。

▼作品賞 「ノマドランド

▼主演男優賞 アンソニー・ホプキンス「The Father(原題)」

▼主演女優賞 シドニー・フラニガン「Never Rarely Sometimes Always(原題)」

▼助演男優賞 ポール・レイシーサウンド・オブ・メタル 聞こえるということ

▼助演女優賞 ユン・ヨジョン「Minari(原題)」

▼監督賞 クロエ・ジャオノマドランド

▼脚本賞 チャーリー・カウフマンもう終わりにしよう。

▼撮影賞 ジョシュア・ジェームズ・リチャーズノマドランド

▼外国語映画賞 「ラ・ヨローナ 彷徨う女

▼ドキュメンタリー賞 「Collective(原題)」

▼アニメーション映画賞 「The Wolf House(原題)」

▼編集賞 ロバート・フレイゼンもう終わりにしよう。

▼新人監督賞 フロリアン・ゼレール「The Father(原題)」

▼アンサンブル・キャスト賞 「マ・レイニーのブラックボトム

▼音楽賞 エミール・モセリ「Minari(原題)」

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
ノマドランド (字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 【インタビュー】二宮和也×松坂桃李×中島健人×桐谷健太×安田顕 それぞれが伝えたい「思いを繋ぐ」ということ

    1

    【インタビュー】二宮和也×松坂桃李×中島健人×桐谷健太×安田顕 それぞれが伝えたい「思いを繋ぐ」ということ

    2022年12月8日 19:00
  2. 「アバター」続編を米マスコミが絶賛「キャメロン監督を決して疑ってはいけない」

    2

    「アバター」続編を米マスコミが絶賛「キャメロン監督を決して疑ってはいけない」

    2022年12月8日 10:00
  3. 中島歩、染谷将太、林遣都、土屋太鳳、有村架純、井之脇海、窪田正孝! 「アクターズ・ショート・フィルム3」に出演

    3

    中島歩、染谷将太、林遣都、土屋太鳳、有村架純、井之脇海、窪田正孝! 「アクターズ・ショート・フィルム3」に出演

    2022年12月8日 12:00
  4. 「ブロンド」へのバッシングにアンドリュー・ドミニク監督が反論

    4

    「ブロンド」へのバッシングにアンドリュー・ドミニク監督が反論

    2022年12月8日 11:00
  5. 「パラサイト 半地下の家族」日本で舞台化! 台本&演出は鄭義信、舞台は90年代の関西

    5

    「パラサイト 半地下の家族」日本で舞台化! 台本&演出は鄭義信、舞台は90年代の関西

    2022年12月8日 04:30

今週