もう終わりにしよう。

もう終わりにしよう。

解説

「マルコヴィッチの穴」「エターナル・サンシャイン」のチャーリー・カウフマンが監督・脚本を手がけ、イアン・リードの同名小説を実写映画化した異色スリラー。恋人ジェイクとの関係を終わらせようと考えながらも、彼の実家を訪れることになった女性。雪が降りしきる中、2人は様々な内容の会話を交わしながらドライブを続け、ようやくジェイクの両親が暮らす農場にたどり着く。両親から歓迎される彼女だったが、異様なほどテンションの高い母親と認知症気味の父親の奇妙な振る舞いに戸惑いを隠しきれない。その後も彼らの周囲で、不可解な出来事が次々と起こり……。ジェイクをテレビシリーズ「ブレイキング・バッド」のジェシー・プレモンス、彼の恋人を「ワイルド・ローズ」のジェシー・バックリー、両親を「ヘレディタリー 継承」のトニ・コレットと「ワンダーウーマン」のデビッド・シューリスがそれぞれ演じた。Netflixで2020年9月4日から配信。

2020年製作/134分/アメリカ
原題:I'm Thinking of Ending Things

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0浸かったら抜け出せなくなるカウフマン世界が全開

2022年6月28日
PCから投稿

吹雪が窓に吹き付け、車を進ませる男女の未来は一寸先すら見通せぬほど暗闇に包まれている。彼女の側は「終わりにしよう」と口にできず、その気配を彼氏側も切に感じつつ、打つ手がない。間を埋めるように続くセリフの応酬はそんな”宙ぶらりん状態”の投影だが、しかしそれにしても全く線形には進まない会話劇の織り成し方は実に見事だ。これに加えてのコレット&シューリスの奇行、そして振り子のようにスキップや巻き戻しを繰り返す時の流れなど、もう本当に訳がわからない。その混沌と混乱がまたカウフマンらしさであり、いちど沼に浸かったら最後、我々はミステリアスな心地よさから抜け出すことができなくなる。そもそもこの物語の語り手は彼なのか、彼女なのか。全てを白日の下にさらす術もあるのかもしれないが、そうなるとカウフマンはカウフマンでなくなる。謎は謎のままで召し上がれ。今はうす暗闇の一夜とその余韻をじっくり噛みしめていたいのだ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
牛津厚信

4.5難解だけど決してむずかしくはない。

村山章さん
2020年12月31日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
村山章

2.0つまらん。

2022年4月2日
iPhoneアプリから投稿

延々字幕を読まされ辟易とし、
難解を解釈して無理に読み取る気が起きず。
要するにつまらん。
解釈しようという動機を与えてくれないと。
以上。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

1.0マジ吉映画。

sarahさん
2022年2月11日
PCから投稿

娯楽にも暇つぶしにももちろん学びにもならない。
感動も共感も感じない。
ジャンルはホラーになっていたが全く怖くない。
劇中のセリフを引用してレビューします。
「演技はまるで統合失調症。めまぐるしくてうるさい。疲れる。
大袈裟で何も記憶に残らない。
人物設定が変なのか監督が無能なのか。意味不明。
明らかに偏った作品で浅い。」
こんなんで金取るなよ。時は金なり。時間を返せ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
sarah
すべての映画レビューを見る(全17件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「もう終わりにしよう。」以外にこんな作品をCheck-inしています。