コロナ禍での運営が注目されたベネチア映画祭、穏やかなムードでコンペ上映終了 黒沢清作品も高評価

2020年9月12日 23:20

参加したジャーナリストの数は例年の2分の1以下
参加したジャーナリストの数は例年の2分の1以下

[映画.com ニュース] 第77回ベネチア映画祭も最終日を迎え、すべてのコンペティション作品が出揃った。全体的に評価が高いのは、アンドレイ・コンチャロフスキーが1962年のノボチェルカスク虐殺事件を描いた「Dear Comrades!」、ジャンフランコ・ロッシがイラクの国境地帯を3年かけて撮影したドキュメンタリー「Notturno」、コーネル・ムンドルッツォシャイア・ラブーフとバネッサ・カービィを起用した「Pieces of a woman」あたり。イタリアのプレスが評価しているのはスザンナ・ニッキャレッリがカール・マルクスの娘を描いた「Miss Marx」、インターナショナルのプレスは、モナ・ファストボールドが1850年代のアメリカを舞台に、世間に隠れて愛し合う女性たち(キャサリン・ウォーターストンバネッサ・カービー)を描いた「The World to Come」を評価している。また黒沢清監督の「スパイの妻」も評判が高く、とくに脚本と映像を賞賛する声が多かった。

コンペティション以外の分野では、ルカ・グァダニーノによるシューズ・デザイナー、サルバトーレ・フェラガモのドキュメンタリー「Salvatore Shoemaker of Dreams」、ロジャー・ミッチェルが実際の名画盗難事件を元にした「The Duke」、15歳(2018年撮影当時)の環境問題活動家として有名になったグレタ・トゥーンべリのドキュメンタリー「Greta」が注目を浴びた。

もっとも、今年のベネチアは新型コロナウフィルスの影響で、ゲストは少なく、参加したジャーナリストの数も2分の1以下だった。作品のラインナップそのものより、今後映画祭はコロナの影響にどう対処していくか、といった面で、運営的な部分がより注目されていたと言える。すべての上映がネット予約制になり、シートは一席ずつ空ける半分の定員にし、入場の際は体温チェックを受ける、さらに会場周辺と室内はどこもマスク着用、上映中も係員が立ち合い、鼻までマスクをかけていないとすぐに注意される、といった厳しい管理体制だった。そのおかげで、最終日まで感染者を出すこともなく、無事に開催を終えることができた。

画像2

実際例年よりも人が少ないせいもあり、コロナの脅威をあまり感じることもなく、穏やかで明るいムードが感じられた。

ベネチアを含むベネト州は一時、コロナの感染者がもっとも多かった地域のひとつであったが、リド島内ではまだ感染者が出ていない。そんななか、海外から人が集まる国際映画祭は地元にどう受け取られるのか、という不安もあったものの、タクシーのドライバーやブティック、また私が滞在しているアパートのオーナーなども、映画祭の開催によって地元が賑わうのをむしろ歓迎していた。タクシーのドライバーは、「この夏はほとんど観光客が来ずに商売が上がったりだったから、映画祭でお客が戻ってきたのは本当に嬉しい。映画祭と地元当局のコロナ対策も信頼している」と語っていた。

コロナの影響は今後も当分続くことは確かなだけに、今回のベネチアの運営は今後の映画祭の雛形として参考になるだろう。(佐藤久理子)

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • カリスマ
  • カオス
  • MEATBALL MACHINE ミートボールマシン
  • 蠱毒ミートボールマシン
  • ハードコア
  • ディストピア パンドラの少女
  • ラザロ・エフェクト
  • THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~
  • タイム・トラップ
  • 人間まがい
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 万田邦敏監督新作「愛のまなざしを」に仲村トオル×杉野希妃×斎藤工×中村ゆり

    1

    万田邦敏監督新作「愛のまなざしを」に仲村トオル×杉野希妃×斎藤工×中村ゆり

    2020年9月19日 07:00
  2. 韓国ドラマなんてと斜に構える食わず嫌いや、バートン&デル・トロのファンにもぜひ見て欲しい傑作シリーズ「サイコだけど大丈夫」

    2

    韓国ドラマなんてと斜に構える食わず嫌いや、バートン&デル・トロのファンにもぜひ見て欲しい傑作シリーズ「サイコだけど大丈夫」

    2020年9月19日 16:00
  3. 13歳のソフィー・マルソーが可愛い!80年代の青春恋愛映画「ラ・ブーム」 パッケージもキュートなブルーレイ発売

    3

    13歳のソフィー・マルソーが可愛い!80年代の青春恋愛映画「ラ・ブーム」 パッケージもキュートなブルーレイ発売

    2020年9月19日 13:00
  4. ライアン・レイノルズ&ガル・ギャドット、PCR検査の様子を公開 共演のアクション大作が撮影再開

    4

    ライアン・レイノルズ&ガル・ギャドット、PCR検査の様子を公開 共演のアクション大作が撮影再開

    2020年9月19日 11:00
  5. 【ハリウッドコラムvol.304】Withコロナで変わるラブシーンの描写方法

    5

    【ハリウッドコラムvol.304】Withコロナで変わるラブシーンの描写方法

    2020年9月19日 12:00

今週