「空族」特集上映開催 最新作「典座 TENZO」を含めた全12作品を上映

2020年7月27日 15:00

「空族リターンズ 2020」ポスター
「空族リターンズ 2020」ポスター

[映画.com ニュース] 「バンコクナイツ」「サウダーヂ」などで知られる映像制作集団「空族」の特集上映が、8月22日~28日の1週間、新宿K's cinemaで「空族リターンズ 2020」と題して開催される。

上映作品は、カンヌ国際映画祭の「批評家週間」に特別招待された、福島と山梨に生きる二人の若き僧侶の苦悩と、高僧・青山俊董との対話を通じて、現代日本における仏教と信仰を探求する富田克也最新作「典座 TENZO」をはじめ、土方、移民、ヒップホップをテーマに地方都市の現状をえぐりだした空族の代表作ともいえる「サウダーヂ」(35ミリフィルム上映)、タイ・ラオスでオールロケで挑んだ「バンコクナイツ」、その他、富田克也監督作品「国道20号線」「雲の上」も上映。またフィクション作品と並行して制作され続けているドキュメンタリー「FURUSATO2009」「RAP IN TONDOの長い予告編」「映画 潜行一千里」「ラップ・イン・プノンペン」そして相澤虎之助監督作品「かたびら街」「花物語バビロン」「バビロン 2 THE OZAWA」の全12作品。

「空族リターンズ 2020」は8月22日~28日、新宿K's cinemaで開催。プログラム詳細(http://www.ks-cinema.com/)はHPで告知する。

▽空族(富田克也相澤虎之助)からのコメント

本当の世界はこんなはずじゃない。だから、常に眼前にはあるけど見えていない丸裸を映し出そう。そう思って映画を作り続けてきた。

しかし、コロナウィルスは一撃で世界を一変させ、私たちは現実にいながらそれを感知しはじめている。いま再びこの状況下で映画館のスクリーンで映画を観るという行為は、きっと私た ちの何か新しい“感知の扉”が開かれていくことに繋がるはずだと思っている。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース