北村匠海×小松菜奈×吉沢亮「さくら」に寺島しのぶ、永瀬正敏、欅坂46・小林由依らが出演

2020年6月3日 18:00

水谷果穂、山谷花純も出演!
水谷果穂、山谷花純も出演!

[映画.com ニュース] 北村匠海小松菜奈吉沢亮が三兄妹役を演じ、直木賞作家・西加奈子氏の傑作小説を映画化する「さくら」の追加キャストが発表され、寺島しのぶ永瀬正敏、「欅坂46」の小林由依水谷果穂山谷花純らが出演することがわかった。

累計発行部数50万部を突破した小説「さくら」は、ごく普通の家族・長谷川家と愛犬のさくらが残酷な運命に翻ろうされながらも強く生きていく様子を、ユーモアを交えて描いた物語。「ストロベリーショートケイクス」「無伴奏」で知られ、海外でも高い評価を受ける矢崎仁司監督がメガホンをとり、吉沢がハンサムで人気者の長男・一、小松が容姿端麗で破天荒な妹・ミキ、北村が平凡な大学生の次男・薫を演じている。

寺島が演じるのは、長谷川家の母・つぼみ。「匠海くん、菜奈ちゃん、吉沢くん、そして永瀬さん。この5人で又家族の映画をやりたいです。自然に撮影中は本当の家族のように思えました」と振り返りつつ「苦難を乗り越えて家族が再生していく、今必要な映画だと思います。でも、一番頑張ったのはさくら役のちえちゃんです」と語っている。一方、父・昭夫役の永瀬は「西加奈子さんの素晴らしい原作。三人の子供達、お母さん、そしてサクラ…愛しい家族それぞれの出会いに感謝しています」とコメントを寄せている。

小林、水谷、山谷は、三兄妹の“人生のターニングポイント”に登場する役どころ。小林はミキにできた初めての友達・カオル、水谷は一の恋人・矢嶋優子、山谷は薫の同級生・須々木原環に扮し、昭夫の学生時代の同級生でゲイバーを営む・溝口先史役に加藤雅也、“フェラーリ“と呼ばれる正体不明の男性を趙民和(本来の「民」は、部首が王の民)が演じている。

さくら」は、今秋に全国公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース