永瀬正敏、17年越しの約束果たした「ファンシー」公開に感慨「皆で育てて」

2020年2月8日 12:20

舞台挨拶に立った永瀬正敏ら
舞台挨拶に立った永瀬正敏ら

[映画.com ニュース] 俳優の永瀬正敏が主演の映画「ファンシー」の公開記念舞台挨拶が2月8日、東京・テアトル新宿で行われた。永瀬は共演の窪田正孝小西桜子、本作が商業映画デビューとなる廣田正興監督とともに登壇。「こういう映画は皆さんのお力が必要。ぜひ育てていただいて、監督が2作目以降を撮れるように応援してください」と訴えた。

永瀬が主演のドラマ「私立探偵濱マイク」シリーズで、メイキングを担当していたのが廣田監督。出会った頃に山本直樹氏の原作漫画を読んだそうで、「映画にする際は出てくださいと言われ、軽くいいよと言ってしまったが、17年くらいたって約束が守れて良かった」と安どの笑みを浮かべた。

廣田監督も、「僕が歩んできた道で出会った人がすべて関わっています。窪田さんや小西さんという新たな出会いもあって、自分の見たい映画が撮れたと思っています」と感慨深げ。永瀬は、「あきらめなかったのがすごい、素晴らしい。ブレないのはさすが」と称えた。

元入れ墨の彫師の郵便局員、若き詩人とそのファンの少女の奇妙な三角関係を描く。窪田は、原作ではペンギンという設定だが「特殊メイクかと思ったけれど、そのままでいいということだったので」と苦笑。再び永瀬が、「最初のカットからしっかりしたキャラクター像があって、ペンギンにしか見えなかった。人類を超えていますから。鳥類を演じられるのは世界で2、3人しかいない」とジョーク交じりに絶賛した。

小西にとっては女優デビュー作となり、「すごい人ばかりで緊張しましたが、思い出のある映画なので公開を迎えられてうれしい」とほほ笑んだ。「初恋」でも共演した窪田は、「まっすぐさは誰にも負けない。聡明な光のような視線を受け止めたら時、ダメだ俺、汚れていると思った」と苦笑交じりに振り返った。

そして、永瀬も「窪田監督と小西さん、2人の一生に一度の場に立ち会えたことが光栄」と改めて強調。廣田監督も、「また映画が撮れるように精進します。僕を応援して」と自己アピールも忘れなかった。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. ベン・アフレック、バットマン役降板の本当の理由を告白 離婚は「人生最大の後悔」

    1

    ベン・アフレック、バットマン役降板の本当の理由を告白 離婚は「人生最大の後悔」

    2020年2月20日 13:30
  2. 生誕80周年記念!「ブルース・リー 4Kリマスター復活祭2020」5月8日から開催

    2

    生誕80周年記念!「ブルース・リー 4Kリマスター復活祭2020」5月8日から開催

    2020年2月20日 12:00
  3. 亡き親友の息子との対立、圧巻のスカイアクション…「トップガン」最新作、スポット映像入手

    3

    亡き親友の息子との対立、圧巻のスカイアクション…「トップガン」最新作、スポット映像入手

    2020年2月20日 09:00
  4. 花澤香菜、新写真集が3月発売 透け感ワンピやショートパンツの「かなり攻めたカットも」

    4

    花澤香菜、新写真集が3月発売 透け感ワンピやショートパンツの「かなり攻めたカットも」

    2020年2月20日 14:30
  5. 中川大志×石井杏奈、限界&命がけの演技で新境地!「砕け散るところを見せてあげる」実写映画化

    5

    中川大志×石井杏奈、限界&命がけの演技で新境地!「砕け散るところを見せてあげる」実写映画化

    2020年2月20日 05:00

今週