「ドクター・スリープ」監督&プロデューサー、スティーブン・キング原作「心霊電流」を映画化

2020年5月19日 15:00

これまで5作品でタッグを組んできたマイク・フラナガン監督とトレバー・メイシー
これまで5作品でタッグを組んできたマイク・フラナガン監督とトレバー・メイシー

[映画.com ニュース] 作家スティーブン・キングによる名作「シャイニング」の続編小説を映画化した「ドクター・スリープ」の監督&プロデューサーコンビが、キングのホラー小説「心霊電流(原題:Revival)」の映画化で再びタッグを組むことがわかった。米ハリウッド・レポーターが独占で報じている。

キングが2014年に発表した「心霊電流」は、妻子を事故で亡くしたことがきっかけで信仰心を失った牧師が、“聖なる電流”なるものを操るカリスマ教祖へと姿を変えて故郷の町に舞い戻り、薬物依存に苦しむミュージシャンの主人公をはじめとする町の人々を恐怖に陥れていくというストーリーだ。

一時は「きっと、星のせいじゃない。」のジョシュ・ブーン監督のメガホンによる映画化企画が持ち上がっていたが、同紙によれば、このほど米ワーナー・ブラザースが新たに映画化権を取得。「ドクター・スリープ」で製作を手がけたトレバー・メイシーがプロデュースにあたるほか、同作のマイク・フラナガン監督が現在、自らメガホンをとる前提で脚本を執筆中だという。

13年の「オキュラス 怨霊鏡」にはじまり、これまで5作品でタッグを組んできたフラナガン監督とメイシーにとって、キング原作の映画化は「ジェラルドのゲーム」「ドクター・スリープ」に次いで3度目。フラナガン&メイシーの制作会社イントレピッド・プロダクションズは現在、大好評のうちに第1シーズンを終えたホラーアンソロジー「ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス」に続くNetflixオリジナルシリーズ第2弾として、クリストファー・パイクのヤングアダルトホラー小説「The Midnight Club(原題)」のドラマ化に向けた準備を進めている。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • エヴァリー
  • 桜金造の怪談 実録!死ぬほど怖い話
  • 桜金造の怪談 実録!死よりの生還
  • 封印映像「着席」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03 人喰い河童伝説
  • ハードコア
  • デッド・ハーツ
  • フリーキッシュ 絶望都市
  • ABC・オブ・デス2
  • ジャック・アタック
OSOREZONE

Powered by 映画.com