「ピーターラビット2」5月22日公開! “モフワル”の師・バーナバスが登場する予告披露

2020年2月13日 08:00

バーナバスは地下組織を率いる大ボス
バーナバスは地下組織を率いる大ボス

[映画.com ニュース] 英作家ビアトリクス・ポターの絵本を長編映画化した「ピーターラビット」の続編「Peter Rabbit 2: The Runaway」が、「ピーターラビット2 バーナバスの誘惑」の邦題で、5月22日から日本公開されることが決定。あわせて、予告編(https://www.youtube.com/watch?v=CGp5B1vFTQs)がお披露目された。

ピーターラビット」の舞台は、豊かな自然に囲まれたイギリスの湖水地方。2018年に公開された第1作は、全世界興行収入が386億円を突破する大ヒットとなった。「ANNIE アニー」のウィル・グラック監督が前作に続きメガホンをとる続編は、ドーナル・グリーソンローズ・バーンに加え、ボイスキャストのジェームズ・コーデンマーゴット・ロビーエリザベス・デビッキデイジー・リドリーが続投する。

ピーターが“ダークサイド”に堕ちる!?
ピーターが“ダークサイド”に堕ちる!?

物語の始まりは、うさぎ・ピーターが大好きなビア(バーン)とマグレガー(グリーソン)の結婚式。いきなり父親づらをするマクレガーに叱られる日々に嫌気がさしたピーターは、生まれ育った湖水地方を飛び出してしまう。知り合いもいなく、食べるものもない都会。ピーターは、そこで亡き父の親友だというバーナバスと出会うことになった。

新キャラクター・バーナバスは、地下組織を率いる大ボス。ピーターは、都会で生きていくために“盗みのスキル”を教わることに。やがて、バーナバスに父親の面影を重ねたピーターは、彼に認められたいばかりに“ワルさ”がエスカレートしてしまう。予告編では、ピーターがマグレガーに飛び蹴りをかまし、都会では“本物のワル”になるために「フルーツ強奪」を画策。このまま“ダークサイド”に堕ちてしまうのか気になる仕上がりだ。

ピーターラビット2 バーナバスの誘惑」は、5月22日から全国公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース