軍艦に渦巻く傲慢、怠惰、色欲、嫉妬、暴食、憤怒、強欲 キム・ギドク「人間の時間」予告完成

2020年2月11日 07:00

藤井美菜、チャン・グンソク、オダギリジョーらが出演
藤井美菜、チャン・グンソク、オダギリジョーらが出演

[映画.com ニュース] キム・ギドク監督の最新作「人間の時間」の公開日が3月20日に決定し、予告編がお披露目された。

本作は、カンヌ、ベネチア、ベルリンといった世界三大映画祭で戴冠を果たしたキム監督の長編第23作。第68回ベルリン国際映画祭パノラマ・スペシャル部門招待作品としてプレミア上映され、日本では「人間、空間、時間、そして人間」の仮題で「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019」オープニング招待作品として披露。キム監督がセクシャルハラスメント、性的暴行を告発されていたという事件を受け、映画祭へのラインナップの是非を問い、大きな物議を醸していた。

主人公イヴを演じたのは、日韓を行き来しながら映画やドラマで活躍し、韓国では「ドクター探偵」「私たち結婚しました 世界版」で注目された藤井美菜。そのほか、アダム役にチャン・グンソクが扮し、イヴの恋人役としてオダギリジョーが特別出演し、韓国の国民的俳優アン・ソンギイ・ソンジェリュ・スンボムソン・ギユンが結集している。

予告編は、様々な年齢と職業の人間が乗り合い、クルーズ旅行に出た軍艦の様子を活写。順風満帆な航海だったが、突如軍艦は異次元へと転移してしまう。思わぬ異常事態に戸惑う人々――“方舟”と化した船内に満たされていくのは、人間の欲望だ。「神が限界を試してるのかも」「食われる前に食わないと死ぬ」という物騒なセリフが飛び交うなか、“傲慢”“怠惰”“色欲”“嫉妬”“暴食”“憤怒”“強欲”といったキーワードが立て続けに映し出されていく。

人間の時間」は、3月20日から東京・シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開。R18+(18歳未満入場不可)指定。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース