物議を醸した問題作が劇場公開へ――キム・ギドク監督「人間の時間」20年3月に披露

2019年12月21日 06:00

藤井美菜、チャン・グンソク、オダギリジョーらが共演
藤井美菜、チャン・グンソク、オダギリジョーらが共演

[映画.com ニュース] キム・ギドク監督の最新作「Human, Space, Time and Human(原題)」が、「人間の時間」の邦題で2020年3月から劇場公開されることが決定。あわせて、雲の中を航行している軍艦をとらえたキービジュアルがお披露目された。

本作は、カンヌ、ベネチア、ベルリンといった世界三大映画祭で戴冠を果たしたキム監督の長編第23作。第68回ベルリン国際映画祭パノラマ・スペシャル部門招待作品としてプレミア上映され、賛否両論を巻き起こした。日本では「人間、空間、時間、そして人間」の仮題で「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019」オープニング招待作品として披露。キム監督がセクシャルハラスメント、性的暴行を告発されていたという事件を受け、映画祭へのラインナップの是非を問い、大きな物議を醸していた。

様々な年齢と職業の人間が、役目を終えた軍艦に乗り合い、クルーズ旅行を楽しんでいた。だが、軍艦が異次元へと辿り着いてしまったことによって、取り残された乗客たちが生き残りをかけて様々な悲劇的事件を起こしていく。極限状態のなか、道徳と倫理を越えてむき出しになる欲望を通し、人間の深淵を描き出すことで、スクリーンから人類の持つ暴力性と自然の摂理を突きつけてくる。

主人公イヴを演じたのは、日韓を行き来しながら映画やドラマで活躍し、韓国では「ドクター探偵」「私たち結婚しました 世界版」で注目された藤井美菜。そのほか、アダム役にチャン・グンソクが扮し、イヴの恋人役としてオダギリジョーが特別出演し、韓国の国民的俳優アン・ソンギイ・ソンジェリュ・スンボム、ソン・ギユンが結集している。

「人間の時間」は、20年3月から東京・シネマート新宿ほか全国公開。R18+(18歳未満入場不可)指定。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース