【第92回アカデミー賞】作品賞は「パラサイト」! アジア映画として初の快挙

2020年2月10日 13:26

アジア映画初の快挙!
アジア映画初の快挙!

[映画.com ニュース]第92回アカデミー賞の授賞式が2月9日(現地時間)、米ハリウッドのドルビー・シアターで開催され、ポン・ジュノ監督が手がけた韓国映画「パラサイト 半地下の家族」が作品賞を受賞した。アジア映画として、初めての快挙となる。製作のクァク・シネは、「言葉が出ません……こんなことが起こるなんて信じれらません……とても幸せです。歴史上で、とても時宜を得た瞬間を目の当たりにしていると感じています。この決断をしてくださったアカデミー会員のみなさまを尊敬するとともに、心から感謝いたします」と感無量の面持ちでスピーチ。照明が落とされた後も、引き続きオーディエンスへのスピーチのために「明かりを付けて!」と客席から声が上がり、感動に包まれたクロージングとなった。

昨年の第72回カンヌ国際映画祭でコンペティション部門に選出され、韓国映画として初めて最高賞にあたるパルムドールを獲得した同作。第77回ゴールデングローブ賞では最優秀外国語映画賞のみの受賞となったが、第54回全米批評家協会賞では作品賞と脚本賞の2冠を達成した。

賞レースの前哨戦として重要視される第70回ACEエディ賞でも長編映画ドラマ部門に輝いた。外国語映画が同賞に輝くのは、70年目で初めてのこと。その後も、外国語映画としては史上初めて全米俳優組合賞の映画部門で作品賞にあたるキャスト賞を受賞するなど、数々の金字塔を打ち立ててきた。

ポン監督が、主演のソン・ガンホと4度目のタッグを組んだ今作。“半地下”住宅で暮らす全員失業中のキム一家の長男が、IT企業を経営する超裕福なパク一家の家庭教師になったことから、想像を遥かに超える悲喜劇が展開されていく。これまでに世界各国160以上の映画賞を受賞しているが、アカデミー賞作品賞を戴冠したことでアジア映画史にとっても新たな局面を迎えたことになる。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース