小栗旬主演「人間失格」ブルーレイ&DVD発売決定!特典は山戸結希による46分のドキュメンタリー映像

2020年1月24日 00:00

蜷川実花監督と山戸結希監督
蜷川実花監督と山戸結希監督

[映画.com ニュース] 俳優の小栗旬が主演し蜷川実花監督とタッグを組んだ「人間失格 太宰治と3人の女たち」のブルーレイとDVDが、4月2日に発売されることが決定した。ブルーレイの豪華版に付属される映像特典には、次世代を担う気鋭の映画監督・山戸結希が手がけたドキュメンタリー映像が収録される。

昨年9月13日に全国320スクリーンで封切られた同作は、興行収入13億5000万円の大ヒットを記録する。大幅な減量を敢行した小栗が新たな太宰治像をスクリーンに刻み込み、共演の宮沢りえ沢尻エリカ二階堂ふみも個性を発揮した熱演を披露。だが、同11月に沢尻が薬物所持で逮捕されたこともあり、その後の興行やパッケージ化に暗雲が立ち込めていた。

ブルーレイの豪華版でドキュメンタリー映像「〈解説〉人間失格 蜷川実花と幾人もの作り手たち」をディレクションした山戸監督は、これまでに「溺れるナイフ」「ホットギミック ガールミーツボーイ」を手がけており、非凡な才能が各方面で話題を呼んできた。主要キャストに迫る撮影の舞台裏や製作秘話だけでなく、山戸監督自らが蜷川監督をはじめとするスタッフのインタビューを行った様子も網羅されており、作り手たちの思いやこだわりが感じられる映像になっている。

今作のプロデューサーを務めた池田史嗣氏は、山戸の起用理由を「新世代の映画監督の中でも群を抜いた存在で、圧倒的な才能を持つクリエイター。片や常に第一線を走り続けてきた蜷川実花監督のひとつの集大成であり、日本映画界最高峰のスタッフとキャストが集結した本作の現場が次世代の天才の目にどう映るのか、見てみたいと思いました」と説明する。さらに、「これからさらに時代をリードしていくであろう、才能あふれる2人のクリエイターの邂逅は、記録としての価値に留まらない意義を持つものでした。この特典映像自体が、クオリティの高い“作品”として必見の内容になっています」とコメントを寄せている。

このドキュメンタリー映像の尺は46分間。劇中、小栗扮する太宰に「人間失格」の執筆を依頼する若手編集者・佐倉を演じた成田凌がナレーションを務めており、その点でも貴重なコンテンツといえる。ブルーレイ豪華版は2枚組みで、6700円(税別)。ほか、特典映像が収録されていないブルーレイ通常版は4700円(税別)、DVD通常版は3800円(税別)。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース