アダム・ドライバーがゾンビをぶった斬る!ジャームッシュ監督「デッド・ドント・ダイ」海外版予告

2020年1月22日 08:00

第72回カンヌ国際映画祭のオープニング作品として初披露された
第72回カンヌ国際映画祭のオープニング作品として初披露された

[映画.com ニュース] 米インディペンデント映画界を代表する鬼才ジム・ジャームッシュ監督の最新作「The Dead Don't Die(原題)」の邦題が、「デッド・ドント・ダイ」となり、日本公開日が4月3日に決定。あわせて、日本語字幕付きの海外版予告がお披露目された。

ジャームッシュ監督3年ぶりの新作となった本作は、バス運転手の何気ない日常を切りとった「パターソン」以前から構想を温めていたゾンビ映画。「パターソン」に続き主演に抜てきされたアダム・ドライバー、ジャームッシュ監督と3度目のタッグを組むビル・マーレイのほか、ティルダ・スウィントンクロエ・セビニースティーブ・ブシェーミトム・ウェイツセレーナ・ゴメス、ダニー・クローバー、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、ミュージシャンのイギー・ポップらが出演している。

物語の舞台は、アメリカの田舎町センターヴィル。3人だけの警察署で働くロバートソン署長(マーレイ)とピーターソン巡査(ドライバー)、モリソン巡査は、いつもの他愛のない住人のトラブルの対応に追われていたが、突如街にゾンビが出現し、思わぬ事態に巻き込まれていく。第72回カンヌ国際映画祭のオープニング作品として初披露されると、各メディアから「大爆笑!」(Hollywood News)、「この世のものとは思えない、凄いキャスト」(Awards Daily)、「ビル・マーレイアダム・ドライバー、最高の二人」(Nightmare On Film Street)、「ゾンビジャンルへの楽しい試み」(The Hollywood Reporter)と熱いレビューが寄せられた。

ジャームッシュ監督の67歳の誕生日(1月22日)を記念して発表された予告は、田舎町のセンターヴィルに“何やら恐ろしくゾッとするヤツら”が忍び寄るシーンから始まる。次々と墓場から蘇った死者たちは、生前の活動に引き寄せられている様子。“まずい結末”を回避すべく、ピーターソン巡査はナタでゾンビの首を切り落とし、葬儀屋のゼルダ(スウィントン)が日本刀でめった斬り。だが、時間を追うごとに、ゾンビたちは増殖。奇想天外な“コーヒー・ゾンビ”“シャルドネ・ゾンビ”が登場している。

デッド・ドント・ダイ」は、4月3日から全国で公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像「ヤドカリ」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 封印映像「四角い跡」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • オーディション
  • 喰女 ―クイメ―
  • レザーフェイス 悪魔のいけにえ
  • ブロンソン
  • 封印映像38
  • ジェーン・ドウの解剖
  • サスペリア PART2 完全版
  • フェノミナ
OSOREZONE

Powered by 映画.com