「スパイダーマン」MCU残留はトム・ホランドの“泣きながらの酔っ払い電話”のおかげ?

2019年12月6日 16:00

トム・ホランド
トム・ホランド

[映画.com ニュース] トム・ホランドが12月4日(現地時間)、米ABCのトーク番組「ジミー・キンメル・ライブ!」に出演。自身と米ウォルト・ディズニーの代表兼CEOのボブ・アイガー氏との“泣きながらの酔っ払い電話”が「スパイダーマン」のマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)残留のきっかけになったかもしれないと明かした。

騒ぎの発端は、今年8月にディズニーと米ソニー・ピクチャーズの間でとり行われた、今後のスパイダーマン映画をめぐる更改交渉。更新に際し、ディズニーは大幅な条件アップを要求したが、ソニー側がこれを拒否したため交渉が決裂し、今後のスパイダーマン関連作品はソニーが独自で製作、スパイダーマンがMCUから離脱するのはほぼ確定とみられていた。

しかし9月27日(現地時間)、ディズニー/マーベルとソニーは、「スパイダーマン ホームカミング」「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」に続くシリーズ第3弾を共同で製作すると発表。ホランドがピーター・パーカー/スパイダーマン役で続投することが決定した。

ホランドは、この騒動の最中に米カリフォルニア・アナハイムで開催されたディズニーのファンイベント「D23 EXPO」に、アイアンマン/トニー・スターク役を演じたロバート・ダウニー・Jr.やスター・ロード/ピーター・ジェイソン・クイル役を演じるクリス・プラットらMCUの仲間たちとともに出席。そのときはMCUの一員として振る舞うことができず、「すぐそこにMCUの友人たちがいて、みんなで写真を撮ったりしているのに僕はその輪に入れない。そんなのつらすぎるよ」と悲しげな表情を浮かべた。

そんななか、ホランドがアイガー氏にこれまでの感謝を伝えるメールを送ると、数日後にアイガー氏から電話がかかってきたという。そのときパブで酔っぱらっていたホランドは、泣きながら「素晴らしいチャンスをくださってありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えると、アイガー氏は「どうにか上手くいく方法があるはずだ」と返答したといい、「そこからはお互いに山ほど電話をかけまくったよ」と明かした。

泣いた理由について、「これ(MCUでのスパイダーマン)が終わってしまうと思って、すごく感情的になってしまったんだ。ソニーとも素晴らしい企画があったから、スパイダーマンの未来はまだまだ明るいと分かっていたよ。それでも、MCUからスパイダーマンがいなくなってしまうのは残念だった」と当時の心境を吐露した。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース