ユダヤ人少女がナチス少年の心を動かす!タイカ・ワイティティ新作「ジョジョ・ラビット」予告公開

2019年11月22日 09:00

空想上の友達はヒトラー!
空想上の友達はヒトラー!

[映画.com ニュース] 第44回トロント国際映画祭で最高賞にあたる観客賞に輝いた、タイカ・ワイティティ監督作「ジョジョ・ラビット」の日本版予告編が公開された。ナチスに教化された主人公の少年ジョジョが、自宅に匿われていたユダヤ人の少女と運命の出会いを果たすさまを映し出す。

マイティ・ソー バトルロイヤル」を手掛け、独特のセンスと創造力で人気を集めるワイティティ監督と、4度のアカデミー賞作品賞に輝き、今年で創立25周年を迎えるFOXサーチライト・ピクチャーズがタッグを組む本作。第2次世界大戦中のドイツを舞台に、戦時下で生きる人々の喜びと人生の真実を、ユーモアを交えて描き出す。

立派な兵士を夢見て青少年集団ヒトラーユーゲントに入団した10歳のジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)は、空想上の友だち・アドルフ(ワイティティ)に小さな背中を押されながら奮闘していた。そんなある日、自宅の壁の裏でユダヤ人の少女エルサ(トーマシン・マッケンジー)を見つけてしまう。“ユダヤ人は悪い”と教えられてきたが、愛情深い母親ロージー(スカーレット・ヨハンソン)が匿っていたエルサは聡明で勇敢、そしてユーモアにあふれていた。それまで信じていた景色が揺らぎ、ジョジョの世界が大きく動き始める。

予告映像では、ジョジョ、エルサのほか、ジョジョにとって憧れであり強敵でもある陽気な教官クレンツェンドルフ大尉(サム・ロックウェル)や、唯一の“実在の友だち”ヨーキー(アーチー・イェーツ)、さらには「憎しみは勝ちはしない。愛が最強の力よ」と大きな包容力でジョジョを抱きしめる母・ロージーらの姿が収められている。

脚本も担当したワイティティ監督は「憎悪と偏見についての直球の映画にしたくはなかった。だから、脚本には全く自制をかけなかった。言うべきことを言うにはひるまずに決死の覚悟で書かなくてはいけない。危険の無いものなら、私がやる価値も無い。大コケするかもしれないリスクを背負って必死になれば、最高に創造的で先進的な表現が出てくるからね」と、本作への思いを語っている。

ジョジョ・ラビット」は、20年1月17日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「女は女である」「気狂いピエロ」女優アンナ・カリーナさん死去 79歳

    1

    「女は女である」「気狂いピエロ」女優アンナ・カリーナさん死去 79歳

    2019年12月15日 18:23
  2. 「スター・ウォーズ」が彩る丸の内クリスマス SW愛あふれるフォトスポット&カフェで40年の歴史に思いを馳せてみた

    2

    「スター・ウォーズ」が彩る丸の内クリスマス SW愛あふれるフォトスポット&カフェで40年の歴史に思いを馳せてみた

    2019年12月15日 10:00
  3. 野沢雅子のラジオ番組に田中真弓がゲスト出演 仕事の哲学や「ドラゴンボール」共演秘話を語る

    3

    野沢雅子のラジオ番組に田中真弓がゲスト出演 仕事の哲学や「ドラゴンボール」共演秘話を語る

    2019年12月15日 08:00
  4. 【国立映画アーカイブコラム】国内唯一の「映画専門」図書室はどのように成長したか?

    4

    【国立映画アーカイブコラム】国内唯一の「映画専門」図書室はどのように成長したか?

    2019年12月15日 12:00
  5. 【中国映画コラム】報酬はゼロ、原動力は愛――“字幕組”が違法行為を止められない理由

    5

    【中国映画コラム】報酬はゼロ、原動力は愛――“字幕組”が違法行為を止められない理由

    2019年12月15日 11:00

今週