「スター・ウォーズ歌舞伎」11月28日開催! 市川海老蔵がカイロ・レン役に挑戦

2019年11月4日 04:00

テーマは“家族の愛と喪失”
テーマは“家族の愛と喪失”

[映画.com ニュース] 大ヒットSFシリーズの最新作「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」の公開を記念して、「スター・ウォーズ歌舞伎」の開催が決定した。芸能界屈指の「スター・ウォーズ」ファンとして知られる歌舞伎俳優の市川海老蔵が監修・主演を務め、11月28日に都内某所で行われる。

「スター・ウォーズ歌舞伎」は、「スター・ウォーズ」の世界観を描出するべく、最先端の映像技術と日本の伝統芸能である歌舞伎を融合させた1日限りのスペシャルパフォーマンス。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」と「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のポイントとなる3シーンが3部構成で演じられ、シリーズの根幹を成す“家族の愛と喪失”をテーマに描かれる。海老蔵は、祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継ぎ、銀河の圧倒的支配者となったカイロ・レン役に挑戦する。

シリーズ第1作「スター・ウォーズ」が、全米で公開されたのは1977年のこと。77年生まれの海老蔵は、「スター・ウォーズ」と同い年ということになる。さらに、父・市川團十郎さんと初めて映画館で見た作品が「スター・ウォーズ」、自身も父という立場であることから、父から子へ世代を超えて受け継がれる同シリーズとの深い縁を感じさせる。本公演の応募概要は11月5日から、「スター・ウォーズ」公式サイト(https://starwars.disney.co.jp/)、公式Twitterに掲載される。

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」は、12月20日から日米同時公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース