ウィル・スミス、今年2度目の来日!「ジェミニマン」は「映画に革命を起こした」と自信

2019年10月17日 23:30

ウィル・スミス(中央)、アン・リー監督(左)、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマー
ウィル・スミス(中央)、アン・リー監督(左)、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマー

[映画.com ニュース]凄腕の殺し屋が自身のクローンと対決するアクション大作「ジェミニマン」で主演を務めるウィル・スミス、メガホンをとったアン・リー監督、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーが10月17日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われた同作のジャパンプレミアに出席した。

引退を決意した伝説のスナイパー、ヘンリー(スミス)と彼のDNAから誕生したクローン刺客が対決。最新のVFX技術によって、「ウィル・スミスVS若きウィル・スミス」が争うという革新的なアクションシーンが実現した。

5月に「アラジン」のプロモーションで日本の地を踏み、これが今年2度目の来日となったスミスは、日本語で「皆さん、こんにちは!」と挨拶し、「この前はアラジンだったけど、今回はもっともっと楽しいよ」とファンに感謝の意。100パーセントCGIで生み出された“23歳の自分”と共演した気持ちは「本当に奇妙だった」と明かし、「今は経験も積んだし、知識もあるから、若い頃の純粋さやナイーブさを表現したかった」。念願だったというリー監督とのタッグが実現し「20年近い夢がかなったよ。美しいショックともいうべき作品で、監督は映画に革命を起こした」と自信を示した。

ブロークバック・マウンテン」「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」で知られるリー監督は6年ぶりの来日で、「まさに映像技術における未開の地に踏み入った感覚。不可思議でミステリアスだが、同時にわくわくするような挑戦だった」と本作の完成にしみじみ。また、先日発生した台風19号について「私は台湾出身なので、お気持ちはわかります。一刻も早い復興を願っています。心は常にともにあります」と被災地への思いを語ると、同じく6年ぶりの来日となったブラッカイマーも「台風の報道を聞き、心を痛めています。心からのお見舞いを申し上げます」とメッセージを送った。

ジャパンプレミアには吹き替え声優を務めた江原正士山寺宏一菅野美穂が出席した。現在のスミスの声を担当した江原は「僕が今まで演じた中で、一番渋くて重いウィル・スミスさんです」と役作りを語り、かたや若いスミスを演じる山寺は「今回は(アラジンと違って)歌はなかったんですけど(笑)、先ほどウィルさんも話していた繊細さを意識した」と話していた。

ジェミニマン」は10月25日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース