菅野美穂“2人のウィル・スミス”に挟まれ感動「レジェンドサンドイッチ!」

2019年9月26日 16:05

菅野美穂がハリウッド映画の吹き替え声優に挑戦
菅野美穂がハリウッド映画の吹き替え声優に挑戦

[映画.com ニュース]女優の菅野美穂が9月26日、都内で行われた米映画「ジェミニマン」の公開アフレコに出席した。ハリウッド実写映画の吹き替え声優に初挑戦し「すでにすばらしい世界観ができあがっているので、お邪魔しないよう(作品の)良さを伝えるお手伝いができれば」と控えめに意気込みを語った。

引退を決意した伝説のスナイパー、ヘンリー(ウィル・スミス)と彼のDNAから誕生したクローン刺客が対決する。「ウィル・スミスVS若きウィル・スミス」が争う衝撃的な姿を、「ブロークバック・マウンテン」「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」で知られるアン・リー監督が映画化する。

菅野はヘンリーとともに謎の秘密組織“ジェミニ”に立ち向かう潜入捜査官ダニー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)を演じ「声の演技は苦手で……。(映像に)合わせるのはもちろんですが、キャラクターの設定に合わせて低い声を意識した」。劇中では、現在のスミス本人とフルCGで“生み出された”23歳のスミスが共演しており「すごい時代になったなと。アクションもすごいですし、新しい映画の体験です。たまげますよ!」と太鼓判を押した。

公開アフレコには、ヘンリーの声を務める江原正士、クローンを演じる山寺宏一が登壇。ともに、スミスの吹き替え声優として知られ、菅野は「ウィルとウィルに挟まれた、レジェンドサンドイッチに感動しています」と満面の笑み。両名とともにマイクに向かい「いい思い出になりました」と話していた。

「もしも自分のクローンに狙われたら?」と問われると、菅野は「相手は若くて勢いがありますから、経験で対抗したいなと。きっと(相手に)隙間があるので」。ベテラン声優の江原は「走りが違いますからね(笑)。あっという間に追いつかれて、ボコボコにされちゃうかも」と笑いを誘い、ディズニー映画「アラジン」に続きスミスの声を担当する山寺は「ハートが弱いんで、悪口言われるとへこんじゃう。だから、若い自分のメンタルを攻めたいですね」と対抗手段を明かしていた。

ジェミニマン」は10月25日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース