吉永小百合、金曜日の初日舞台挨拶に「私は初めて」とワクワク

2019年10月11日 19:30

作品のヒットに期待を寄せた吉永小百合
作品のヒットに期待を寄せた吉永小百合

[映画.com ニュース]女優の吉永小百合が10月11日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われた主演作「最高の人生の見つけ方」の初日舞台挨拶に、同じく主演を務める天海祐希とともに登壇した。

ジャック・ニコルソンモーガン・フリーマンが共演した同名映画が原案。家庭のために人生を捧げてきた主婦・幸枝(吉永)と、仕事だけに生きてきたセレブ社長・マ子(天海)。余命宣告を受けた2人が、入院中の少女が書いた「死ぬまでにやりたいことリスト」を代理で実行しようと、思いもよらぬ大冒険を繰り広げる。全国348スクリーンで封切られた。

吉永は「金曜日の初日って、私は初めて」と胸を躍らせ、「明日は(台風の影響で)劇場が開いているかわかりませんが、ぜひぜひもう1度、舞台挨拶をしましょうと話している」と作品のヒットに期待を寄せた。全国キャンペーンを振り返り「印象に残っているのは、道後温泉。以前道後で撮影した『青春の風』を思い出し、懐かしかった」としみじみ語った。

その姿に、吉永と18年ぶりに共演した天海は「同じ気持ちです!」とうなずき、「私にとっても、宝物のような作品。ご覧になった皆さんの背中を押せれば」と話していた。

初日舞台挨拶には共演するムロツヨシ満島ひかり、ももいろクローバーZ、 前川清犬童一心監督が出席し、「僕にとっても思い入れが強い作品。ものすごくやりがいがあった」(ムロ)、「座長が花開いているすばらしさを目の当たりにした。私も現場で花を咲かせられる女優になりたい」(満島)と感慨しきり。犬童監督は「オリジナルは意識せず、境遇が違う女性2人、そして満島さんを含めた3世代の女性の物語になればいいなと思った」と思いを語った。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース