【国内映画ランキング】「かぐや様は告らせたい」V、京アニ製作「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は6位スタート

2019年9月9日 19:22

興行収入20億円以上が見込める滑り出し
興行収入20億円以上が見込める滑り出し

[映画.com ニュース] 9月7日~8日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。新作「かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦」が初登場で首位を獲得。テレビアニメ化もされた赤坂アカの同名人気ラブコメ漫画を「King & Prince」の平野紫耀橋本環奈の共演、河合勇人監督で実写映画化したもの。6日より全国291スクリーンで公開され、土日2日間で動員25万5000人、興収3億1500万円を稼ぎ出した。これは平野主演の前作「ういらぶ。」の興収比185.3%の成績。公開3日間では動員36万人、興収4億6000万円をあげており、最終興収20億円以上が期待できる好スタートを切った。

2位は「天気の子」。週末2日間で動員19万人、興収2億5300万円をあげ、公開52日間の累計動員は913万人、興収は121.7億円に達し、本年度公開映画でNo.1の大ヒットとなった。この記録的な大ヒットを記念し、14日から数量限定の入場者プレゼント「フィルムしおり」の配布と、15日に全国5都市にて主題歌5曲歌詞字幕付き大合唱上映の実施が決定した。

3位の「ライオン・キング」は週末2日間で動員13万1000人、興収1億8900万円をあげた。累計動員は415万人、興収は59億円を超えている。

新作では他に、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形」が6位にランクイン。京都アニメーション製作の人気アニメで、2018年にテレビ放送とNetflixで世界配信された「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の新たな物語を描く外伝となる。草なぎ剛主演「台風家族」は6日から全国96スクリーンで公開され、圏外の11位スタートとなった。「箱入り息子の恋」の市井昌秀監督のオリジナル脚本で、ブラックユーモアを交えて描いたコメディドラマ。

なお、5位「劇場版 ONE PIECE STAMPEDE」は、累計動員370万人、興収50億円を突破した。原作者の尾田栄一郎から「50億突破!!ですってよ!!ヤッホーイ!」といった直筆メッセージが届き、オールスターキャラの戦闘シーンがふんだんに使用された特別映像も解禁された。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース