キューブリックとの仕事、ナタリー・ウッドの不可解な死――D・トランブルが驚きの秘話を明かす

2019年9月9日 14:00

ダグラス・トランブル
ダグラス・トランブル

[映画.com ニュース] 「2001年宇宙の旅」「未知との遭遇」「ブレードランナー」のSFXスーパーバイザーとして知られるダグラス・トランブルがこのほど、ニューヨーク映画博物館を訪れ、スタンリー・キューブリック監督との思い出や、自身の監督作「ブレインストーム」についての出来事を語った。(取材・文/細木信宏 Nobuhiro Hosoki)

トランブルが“フィルムメーカーになろう”と思ったのは、「2001年宇宙の旅」撮影中のこと。「まずは、背景のアニメーション・イラストレーターとして作品に関わることになった。それまで映画作品での経験のない僕が、突如キューブリックとの仕事に携わる――ある意味、映画学校に通うようなものだった」と述懐。トランブルは、劇中に登場する全てのスター(星)を担当することになった。

「キューブリックは、カメラを異なった(1秒24コマ以上の)スピードで上下左右に動かしながら、スターのテスト撮影をしていた。そして、全てのショットを2重投影(ダブル・プロジェクティング)させ、宇宙船の動きに対して、スターの動きがどのように影響を与えるのかを調べていた。それが、あの“スターゲート・シークエンス”の始まりだ。その時から、僕はHFR(ハイ・フレーム・レート)にとりつかれてしまったんだ」

「監督の手法を今作で変えることができるかもしれない」とトランブルに告げていたキューブリック監督。「(観客を映画に没頭させるために)肩なめショットでとらえたり、馬鹿げたメロドラマの設定にしたり、セリフで全てを説明しなくても、映像だけで観客が夢中になれる映画が作れる」と語っていたそうだ。さらに“観客が宇宙にいる感覚”を目指し、さまざまなショットをとり除く作業を進めていった。「『監督の手法を変えること』という言葉は、今でも耳に残っている。『2001年宇宙の旅』は、約50年前の作品だ。しかし、その手法に触れた僕には、今作が“未来の映画”になるとわかっていた」

ブレインストーム」(主演:クリストファー・ウォーケン)は、人間の思考、記憶、感覚を伝導するマシーンをめぐるSFサスペンス。本作を「テクノロジーによる芸術」と語るトランブルは、自身の技術を結集させ、ショースキャン(5パーフォレーションの70ミリフィルムを使用し、60コマ/秒で大型スクリーンに投影すること)を生み出した。だが、当時ショースキャンは通常の映画館では上映ができず、どのスタジオも二の足も踏んで、本作に関わることはなかった。そこでトランブルは、仕事をしていたパラマウントから「ブレインストーム」の企画を取り戻すことを決意。同社との契約を打ち切るために、嫌々ながらも「スター・トレック」に7カ月間も携わることになった。

製作スタジオを探していた際、当時のコロンビア・ピクチャーズ社長デビッド・ビーゲルマンとの出会いを果たす。「未知との遭遇」の成功によって、コロンビア・ピクチャーズが破産を免れたということを覚えていたビーゲルマンは「『ブレインストーム』の製作に関与する」と約束してくれた。だが、ビーゲルマンは俳優クリフ・ロバートソンの小切手を偽造したことで、コロンビア・ピクチャーズを解雇され、MGMへ移ることに。その結果、MGMでの「ブレインストーム」製作が始動したものの、ショースキャンでの上映は実現しなかった。トランブルは「スクリーンサイズを、通常のシーンでは35ミリのビスタサイズ、登場人物が“ブレインストーム”を装着する時に65ミリ、と使い分けるということに落ち着いたんだ」と振り返る。

同作では、出演者のナタリー・ウッドが撮影中に入江で水死。当初は事故死とされていたが、11年の再捜査によって、遺体に複数の打撲や傷跡が判明し、不確定要素を含む水死とされた。ウッドが死去した時点で、ほぼ全ての撮影を終えていたトランブルは、「僕らスタッフが家族とともに感謝祭の週末を過ごすなか、クリストファーはサンタカタリナ島に呼ばれ、ナタリーと当時の夫ロバート・ワグナーと一緒にいた。僕はその行為さえも謎だと思ってる。なぜならロバートは、セットでナタリーと仲良くするクリストファーに怒っていたからね」と疑念を明かす。18年2月、ワグナーは、ロサンゼルス郡の警察当局から重要参考人として事情聴取を要求されたが、その聴取を拒否している。

ウッドの水死を受け、スタジオ(MGM)は「(事故は)不可抗力」と宣言し、トランブルを含めたスタッフを解雇。「撮影中に異常な出来事が起きたら、スタジオは監督に対して『(製作続行のために)何か問題はあるのか? ダブル(代役の俳優)は必要か?』と聞くはずだろう? だが、彼らはフィルムも見ず、僕と何も喋らなかった。その行為こそが、ファウル・プレイ(犯罪行為)があったという重要な証拠だと思う」と述懐する。

「3ショットの撮影がまだ残っているが、ナタリーなしでも撮影できる」とスタジオに告げたトランブルだったが、話もろくに聞いてもらえず、編集室を追い出されてしまった。世間では“水に浸かることを怖がっていた”とされているウッドだが、撮影中はプールに飛び込んだり、湖の上でカヌーに乗るといったシーンも動揺せずに行っていたとのこと。トランブルは、「それらのシーンは、スタジオによって消去された」と主張していた。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com