ゲーム「ディビジョン」映画版をNetflixが獲得

2019年7月11日 09:00

ジェシカ・チャステインとともに主演する ジェイク・ギレンホール
ジェシカ・チャステインとともに主演する ジェイク・ギレンホール

[映画.com ニュース] ユービーアイソフト社の人気アクションゲーム「ディビジョン」を映画化する新作の配給権を、Netflixが獲得したと米ハリウッド・レポーターなどが報じた。

同作は、「ジョン・ウィック」「アトミック・ブロンド」「デッドプール2」のデビッド・リーチが監督。ジェイク・ギレンホールジェシカ・チャステインが主演する。

2016年3月に発売された「ディビジョン」は、米ベストセラー作家トム・クランシー原案のRPGゲーム。新型ウイルスによるバイオテロで壊滅状態になったニューヨークを舞台に、プレイヤーは“ディビジョン”と呼ばれるグループのメンバーとして、テロの真相を突き止め街の秩序を取り戻す任務が課せられる。

映画はユービーアイソフト・モーション・ピクチャーズと、ギレンホールの製作会社ナイン・ストーリーズ、チャステインの製作会社フレックル・フィルムズがプロデュースする。

リーチ監督は、「ワイルド・スピード」シリーズのスピンオフで、ドウェイン・ジョンソンジェイソン・ステイサムが主演する新作「ワイルド・スピード スーパーコンボ」が8月2日から全米と日本で公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース