渡辺謙、ミュージカル「王様と私」で日本凱旋に高まる期待「誇りに思う」

2019年7月10日 13:10

会見した渡辺謙(中央)、ケリー・オハラ(左)、 演出のバートレット・シャー
会見した渡辺謙(中央)、ケリー・オハラ(左)、 演出のバートレット・シャー

[映画.com ニュース] 俳優の渡辺謙が7月10日、主演するブロードウェーミュージカル「王様と私」の前日会見を東京・渋谷のシアターオーブで行った。

2015年にニューヨークで初演され、渡辺はトニー賞の主演男優賞候補に。その後、昨年のロンドン公演を経て待望の来日公演となったが、渡辺が最優先事項に挙げたのが同賞で主演女優賞を射止めたダブル主演のケリー・オハラの出演だ。

「日本の俳優が日本でやるのに、何で英語なんだと最初は腰が引けていたが、ケリーを日本の観客に見てほしいという思いが、その気持ちに圧倒的に勝った。まずはそれが実現してうれしい」と満足げ。オハラは9日に来日したばかりだが、「何百回もやっているので、ほとんどノーサイン。バッテリーのようで、何を投げても取ってくれるし、いい球を返してくれる。素晴らしいシンガーでもあるし、尊敬する女優の1人」と賛辞を送った。

対するオハラも、「大好きなショーなので。謙の母国である日本でいつか公演してみたかった。名誉なことです」と感慨深げ。渡辺の魅力を聞かれると、本人に「正直に」と促され「人生の中でベストのコラボレーション。情熱的でパワーを感じるし、今まで(共演した俳優)にはない特別な王様です」とあうんの呼吸を見せた。

公演は日本語字幕が付くが、渡辺は「日本の観客は字幕を見るのに慣れているし、いい感じで出るシステムを開発してもらったので深く理解していただけると思う」と自信。そして、「ブロードウェーのトップクラスが日本に来ることは本当にない。ニューヨークやロンドンとは舞台の使い方も変わっているし、楽しんでいただける要素がたくさんある。僕自身も期待の方が大きい。2人で引っ張って深めてきたものを届けられることを誇りに思う」と力強く語った。

ミュージカル「王様と私」は、7月11日~8月4日、東京・渋谷のシアターオーブで上演される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

  • Photo by Matthew Murphy The London Palladium Production
  • Photo by Matthew Murphy The London Palladium Production
  • Photo by Matthew Murphy The London Palladium Production

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース