渡辺謙主演「王様と私」3日限定で上映!トニー賞4冠に輝いた伝説のミュージカル : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月24日 > 渡辺謙主演「王様と私」3日限定で上映!トニー賞4冠に輝いた伝説のミュージカル
メニュー

渡辺謙主演「王様と私」3日限定で上映!トニー賞4冠に輝いた伝説のミュージカル

2019年1月24日 09:00

名場面のダンスシーンを切り取った ポスタービジュアルもお披露目!「ロンドン版「The King and I 王様と私」」

名場面のダンスシーンを切り取った
ポスタービジュアルもお披露目!
(C)Matthew Murphy
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第69回トニー賞で4冠に輝いた人気ミュージカル「The King and I 王様と私」の英ロンドン公演の映像が、2月22~24日に東京と大阪で上映されることがわかった。ミュージカルの2大聖地である米ブロードウェイとロンドンで上演され、渡辺謙ケリー・オハラ大沢たかおが出演した伝説のプログラムだ。

2015年4月16日、演出家バートレット・シャーにより、ブロードウェイで約19年ぶりにリバイバル上演を果たした「The King and I 王様と私」。開幕と同時に批評家の絶賛を浴び、チケット入手困難な人気作品としてロングランを記録した。勢いは止まらず、18年7月3日からロンドンのウエストエンドにあるパラディウム劇場でも上演。さらに、今年の7~8月上旬には東京・渋谷の東急シアターオーブでの来日公演も決定しており、注目が高まっている。

物語の舞台は、1860年代初頭のシャム(現在のタイ王国)。イギリス人のアンナは、シャム王の夫人と子供たちの家庭教師をするため、息子を連れてバンコクにやって来る。しかし、アンナは専制君主である王と事あるごとに衝突。ある日、英公使の接待にアンナが一役買ったことをきっかけに、対立していた王とアンナの心は少しずつ通じ合っていく。

1951年にブロードウェイで初演され、再演が重ねられてきた本作。今回映像となった2015年版では、“異なる文化的背景を持つ者同士の相互理解”というテーマを掲げ、多様性の大切さが訴えられる現代に見るべき作品として人々の心を捉えた。

シャム王を演じるのは、シャーが王にふさわしいカリスマ性と威厳を見出した日本映画界を代表する名優・渡辺。本作でブロードウェイデビューを果たし、トニー賞ミュージカル部門の主演男優賞にノミネートされた。王に反発しながらも惹かれていくアンナに扮した実力派舞台女優オハラは、同部門の主演女優賞を受賞。さらに、「キングダム」「AI崩壊」など多くの出演作が控え、ミュージカル「ファントム」では主演を飾った大沢が、王の忠実な家臣・クララホム首相役を務めた。

The King and I 王様と私」は、2月22~24日に東京・TOHOシネマズ日比谷、大阪ステーションシティシネマで公開される。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報