ハリウッド版「ゴジラ」最新作、前作超え&興収40億円狙える好スタート! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年5月31日 > ハリウッド版「ゴジラ」最新作、前作超え&興収40億円狙える好スタート!
メニュー

ハリウッド版「ゴジラ」最新作、前作超え&興収40億円狙える好スタート!

2019年5月31日 22:10

ハリウッド版「ゴジラ」好スタート発進!「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」

ハリウッド版「ゴジラ」好スタート発進!
[拡大画像]

[映画.com ニュース]ハリウッド版ゴジラ映画の第2弾「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」が5月31日、全国363館431スクリーンで封切られた。東宝によると初日興行は、2014年に公開された前作「GODZILLA ゴジラ」(興収32億円)対比で142%を記録。興収40億円を狙える好スタートを切った。

前作から5年後を舞台にゴジラに加え、キングギドラ、ラドン、モスラといった神話時代の怪獣たちが次々に復活し、“王”の座をかけた壮絶な戦いを繰り広げる。渡辺謙が未確認生物特務機関「モナーク」の芹沢猪四郎博士役を続投。「X-MEN:アポカリプス」「スーパーマン リターンズ」の原案を担当してきたマイケル・ドハティが、脚本とともに監督を務め、世界82の国と地域での公開が決定している。

東京・TOHOシネマズ日比谷では、初日舞台挨拶を行われ、日本語吹き替え版の声優を務めた芦田愛菜木村佳乃田中圭が登壇した。科学者のマーク・ラッセルカイル・チャンドラー)役で吹き替えに初挑戦した田中は、「ゴジラ? っていうか、カイル・チャンドラー?って思いました」とオファーを回想。実年齢が20歳近く離れた役どころで、「技術的にも大変ですが、やっぱり年齢差が(笑)。大丈夫なのかなと思いました」と恐縮しきりだった。

また、アフレコ時を振り返り「おふたり(芦田と木村)の声はまだで、謙さんの声だけが入っていたんですが、『やっぱり、格が違うな』と……。僕でいいんですかと(関係者に)聞いてしまった」と再び恐縮。それでも「同じお父さんの気持ちをぶつけてほしいと言われ、根性論で乗り切りました」と胸を張った。

「王(キング)の覚醒」という宣伝コピーにちなんだトークでは、木村が「シン・ゴジラ」をきっかけに同じ庵野秀明監督の代表作である「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズを薦められたと明かし「コミックを大人買いして読み終わったが、すごく面白かった。DVDも買っているので、いつ見ようかなと」と“エヴァ”への覚醒に胸躍らせた。

また、芦田は「今まで犬派だったんですが、最近、お友だちの家にお泊りしたのをきっかけに、猫派に覚醒しました。ずっとついて来て、ドアの前で待っている姿がかわいくて」とほっこりエピソード。日本語吹き替え版では、芦田が反抗期の少女マディソン(ミリー・ボビー・ブラウン)、木村がその母で物語の鍵を握る学者エマ・ラッセル(ベラ・ファーミガ)をそれぞれ演じている。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報