ワイズマン、ワン・ビンなど15作品 山形ドキュメンタリー映画祭コンペ上映作品決定

2019年7月10日 15:00

アナンド・パトワルダン「理性」の一場面
アナンド・パトワルダン「理性」の一場面

[映画.com ニュース] 10月10日から山形市で開催される山形国際ドキュメンタリー映画祭2019のインターナショナル・コンペティション部門上映作品が発表された。

今年は123の国と地域から1428本の応募が寄せられ、15作品を選出。フレデリック・ワイズマン(アメリカ)、ワン・ビン(中国)、アナンド・パトワルダン(インド)ら世界各国の巨匠の新作のほか、日本の映像作家・牧野貴の作品も選ばれた。

映画祭期間中に著名な国際審査員によって審査され、大賞のロバート&フランシス・フラハティ賞他各賞が決定。アジアの新進ドキュメンタリー作家の作品を紹介する部門「アジア千波万波」のラインナップは7月末に発表される。

山形国際ドキュメンタリー映画祭2019は、10月10日から17日まで、山形県 山形市中央公民館、山形市民会館、フォーラム山形、ソラリス、山形美術館、山形まなび館ほかで開催。

▼コンペティション部門上映作品は以下の通り

エクタ・ミッタル「別離
マレン・ビニャイヨ「カチャダ
テレサ・アレドンド、カルロス・バスケス・メンデス「十字架
ワン・ビン死霊魂
トラビス・ウィルカーソン「誰が撃ったか考えてみたか?(仮題)
クローディア・マルシャル「約束の地で
クレア・パイマン「光に生きる ロビー・ミューラー
牧野貴Memento Stella
ハサン・ファジリ「ミッドナイト・トラベラー
フレデリック・ワイズマンインディアナ州モンロヴィア
アナンド・パトワルダン「理性
ジャン・モンチー「自画像:47KMの窓
アンナ・イボーン「トランスニストリア
エリザ・カパイ「ユア・ターン(仮題)
ノ・ヨンソン「ユキコ

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース