「乃木坂46」秋元真夏、“卒業”に胸中複雑「意識が変わった」「でも、さみしい」

2019年7月6日 11:00

白石麻衣は体調不良を理由に急きょ欠席
白石麻衣は体調不良を理由に急きょ欠席

[映画.com ニュース] 人気アイドルグループ「乃木坂46」の活動に迫ったドキュメンタリー映画第2弾「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46」の初日舞台挨拶が7月5日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われ、メンバーの秋元真夏齋藤飛鳥桜井玲香堀未央奈与田祐希岩下力監督が出席した。登壇予定だった白石麻衣は、体調不良を理由に急きょ欠席した。

悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46」(2015)に続く新作。初のシングルミリオンセールスや日本レコード大賞受賞を果たした2017年、史上初の2会場同時ライブ開催やレコ大2連覇を成し遂げた18年、そしてエースであり絶大な人気を誇ったメンバーの西野七瀬が卒業した19年を追う。全国66スクリーンで封切り。舞台挨拶の模様が全国62劇場にライブビューイングで生中継された。

映画の撮影期間中に、メンバーの卒業を目の当たりにした秋元は「メンバーとは絆が深まっているので、辞めないでというスタンス。でも、むやみに引き留めるのは違うかなと……。卒業という言葉への意識も変わったし、抵抗がなくなっている」と語った。同時に「考え直したら、でも、さみしいものはさみしい」といい、複雑な胸中を明かしていた。

キャプテンを務める桜井は「心がギュッとなるシーンがたくさんある」とし、「でも、『シンクロニシティ』でレコード大賞を2年連続でいただいた現場は、特別な空気が流れていた」と回想。「東京ドームや紅白を経験し、自信や責任感が増した。もう1段上、背伸びしたレベルの話ができるようになった」と成長をしみじみ実感する一方で、「いろんな経験をしているのに、『これで大丈夫なのかな』と不安になる昔の自分たちがいる。それはいい部分だなと思います」と変わらぬスタンスに胸を張った。

岩下監督は「膨大な映像から、プラチナ素材を集めた」と手応え十分。「すごく愛らしい意味で、ちょっとしたことにつまずいたり、立ち止まったりする部分があり、そこにシンパシーを感じた」とグループの軌跡を振り返った。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース