佐藤二朗×白石麻衣×山田孝之で「やれたかも委員会」TVドラマ化決定!4月下旬に放送開始

2018年3月22日 08:00

曲者ぞろいの豪華キャストでテレビドラマ化
曲者ぞろいの豪華キャストでテレビドラマ化

[映画.com ニュース] 吉田貴司氏による人気コミックス「やれたかも委員会」(cakes・双葉社)がTBS、MBSでテレビドラマ化されることになり、佐藤二朗、「乃木坂46」の白石麻衣山田孝之が共演することがわかった。あわせて3人が「やれた」「やれたとは言えない」と判定札を上げる模様を切り取ったティザービジュアルも披露された。

2016年からWEBサイト「note」で公開されるや、その着眼点が話題を呼び、18年1月にはAbemaTVでオリジナル連続ドラマ化もされた同名コミック。あのとき、もしかしたら、あの子とやれてたかもしれない――。いつどこで開催されるかもわからない「やれたかも委員会」。訪れる相談者による異性との思い入れたっぷりのエピソードに耳を傾け、委員会の能島譲(佐藤)、月綾子(白石)、オアシス(山田)は「やれた」「やれたとは言えない」、どちらかの札を上げ、判定していく。

テレビドラマ化にあたり、「原作よりもさらに濃密で濃厚な人間ドラマを描かなければ」との思いを持った制作陣は、原作・吉田氏と協議を重ね、あえて原作とは異なるキャラクター設定を委員会メンバーに付与した。さらに相談者の回想パートに加え、豪華キャスト扮する委員会メンバーと相談者の熱い議論も丁寧に描写し、法廷サスペンスさながらの緊迫感を演出していく。

委員会の主催者である能島役の佐藤は、「『どうでもいいようにみえることに心血を注ぐ』。職掌柄、よくやることではある。が、これほど、その一点のみに気を割いた作品は珍しい」と述べつつ、「笑っていたらいつの間にか泣いていた。そんなことが起きたら嬉しい。時に可笑しく、時に哲学で、時に切ない。そんな『やれたかも委員会』は、紛れもなく、純愛作品である。なんつって」とアピール。舌鋒鋭い紅一点・月役の白石は「お話をいただいた時は、とても嬉しかったです。まだ演技の経験が浅いので、佐藤さんや山田さんの存在がすごく心強かったです」とコメントを寄せ、名推理で議論を白熱させるオアシス役の山田は「既にAbemaTVで放送されている『やれたかも委員会』ですが、どちらも違った良さがあると思うので、どちらもお楽しみ頂ければと思います」と話した。

ドラマ「やれたかも委員会」は、MBSで4月22日、TBSで同24日に放送開始。dTVとNetflixでは、毎週水曜に配信される。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース